マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。


キャラクター名

No.154 プリマドン

登場作品基本情報

「PC原人2」

ゲーム

 ハドソン/1991年

登場シーン詳細情報

 ROUND3 
 ROUND7

外見

 プリマドンナのようなドレスにスケート靴をはいた謎の生物。体は細身で長身の女性だが尻尾が生えており顔は恐竜。ただし、ややかわいらしさがある。デフォルメされた主人公とは異なり等身大のため背丈は主人公の3倍ほど。

概要

 石頭が武器の原人がさらわれたプリンセスドラゴンを救出するためにキングタマゴドンIII世を倒しに行く横スクロールアクションゲーム。主人公の攻撃方法の大半が頭突きという一風変わったゲームとなっている。

 プリマドンはROUND3のボス。高速回転しながらこちらに体当たりを仕掛けてくる他、回転時に巻き上げられる氷塊でこちらを攻撃してくる。回転時は無敵であり攻撃を避けることに徹するしかない。回転しながらしばらく左右を行ったり来たりした後、画面の中央に止まりフィギュアスケーターのような片足立ちのポーズを取る。すると今度は頭上から氷柱が降ってくるようになりこれに当たるとダメージになる。ただし、このポーズを取っている間が唯一の隙となりダメージを与えることが可能。また彼女の足を踏み台にして攻撃することも出来る。ダメージを受けると飛び跳ねた後に画面下に姿を消し、一定時間が経つと高速回転しながら浮上し再び体当たりを開始する。こちらが攻撃をしなかった場合は画面外には消えずそのまま体当たりを始める。

 ROUND7(ボスラッシュのようなステージ)でも中ボスとして再登場する。

みどころなど

 人外の化け物ではあるが表情や仕草が可愛らしい。ダメージを受けると女の子のような内股になりなぜか股間を両手で押さえながら恥ずかしそうに目を瞑る。ROUND3で倒された時はダメージモーションと同じ姿勢を取りながら「エッチ!」と心の中で叫び撤退していく。なお、倒されたボスは捨て台詞や悲鳴を残していくが台詞がモノローグとなっているのは彼女だけである。

 ROUND7での再戦でも特に行動に変化は見られないがとどめを刺すとやはり股間を両手で押さえながら今度は「モーレツ!」と心の中で叫ぶ。その後はROUND3とは異なり彼女の周囲で爆発が起こり始め最後には体が消滅する。この表現を考えると死亡した可能性が高いようにも思えるが、ラスボスとなるキングタマゴドンIII世も同じ表現で消えた後、逃げていく様子が描かれているため彼女も生存しているかもしれない。

 被ダメージ時の股間を押さえる仕草や「エッチ!」「モーレツ!」という台詞、そしてその台詞がモノローグとなっていることは小柄な主人公の頭突き攻撃が彼女の局部に当たっていることを示唆している気もするが彼女自身の弱点は上半身であり真相は不明である。ただ、原人の攻撃は彼女が羞恥心を覚えるものであることは間違いなさそうである。

関連項目

 ROUND3 9:10頃に登場
 
 ROUND7 12:35頃に登場
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。