マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。




キャラクター名

No.203 ベッチ

登場作品基本情報

「ルナーク」

アーケードゲーム

 タイトー/1990年

家庭用ゲーム

 メガドライブ/1991年
 PS2/2005年(『タイトーメモリーズ』上巻に収録)

登場シーン詳細情報

 全編に登場。

外見

 タイトスカートとスーツに身を包んだ若い女性。金髪で青スーツのヤツ、茶髪で紫スーツのヤツ、黒髪で緑スーツの色黒のヤツの三種類がいるが、どれもやってることは同じである。

概要

件の冒頭のシーン
 1990年にアーケードで配信されたベルトスクロールアクションゲーム。主人公は密猟者ギルド『ベルサー動物保護法人』をやっつけて野生動物たちを解放する正義のレンジャー部隊で、彼女たちはベルサー動物保護法人の放つ資格として登場する。どう見ても猟銃持って象を撃ちに行く恰好ではないので、警護兼事務として働いていたのだろう。
 服には古臭い形の手榴弾を隠し持っており、これを投げて攻撃してくる。事実、主人公がOPで酒を飲んでいた酒場を爆破したのもコイツである。

みどころ

 このゲームの主人公は、「動物を保護するためなら俺は悪人にでも何にでもなってやる、何百人でもぶっ殺してやらあ!」というザ・徳川綱吉な思想を持っており、シーシェ●ードもグ●ーンピースも裸足で逃げ出すほど過激なバトルを行う。勿論その対象は女であっても1ミリたりとも信念は曲げず、銃で撃ち抜き、剣で切り刻み、鞭でしばき、ミサイルランチャーをぶっ放し、海に突き落とし…と滅多糞に攻撃しまくる。動物を解放した際には鳥につつかれ象に踏まれライオンに襲われと天罰が下り、投げた手榴弾は拾われて投げ返される。いじめ方はシャーマンに匹敵するほど多種多様であり、アーケード版では爆発した瞬間幾多の肉片が飛び散るような描写すらあった。勿論家庭版に移植する際にはグロ描写は大幅にカットされている。
 これらの攻撃を受けた際には「イヤア!」と可愛らしい悲鳴を上げ、膝を突いたり仰向けに倒れたりとエッチな被ダメポーズを取り、男ばかりの本作の一服の清涼剤となっている。まあすぐ殺しちゃうけど。
 やはり、あぶく銭は儲からないということなのだろう。いや、明らかに主人公側もやりすぎだけど。

結論

 人間だって動物です。

このページへのコメント

どこにも書いていないが、蹴る攻撃の際にパンチラ(もといパンモロ)が見られる。色も違う。

金髪で黒スーツ・・・薄いピンク
茶髪で紫スーツ・・・濃いピンク
褐色で緑スーツ・・・黄色

1
Posted by random 2015年08月16日(日) 09:30:37 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。