マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.377 ミイラ女軍団 

登場作品基本情報

「マスターモスキートン」 

マンガ 

 原作・あかほりさとる・ねぎしひろし・作画 磯俣務 / 角川書店(コミックドラゴン)/ 1997年

アニメ

 日本コロムビア/1996年

登場シーン詳細情報

マンガ

 一巻の前半(話数などの区切りがわからないように再構成されて、単行本に収録されています)
 全四巻

アニメ

 (OVA版)登場せず 
 第一話 「倫敦大混乱」が該当エピソード

外見

 最初はミイラ男かと思われていたが、包帯が焼き払われ全裸になると美しい女性たちが姿を現した。
 ただし全員無表情で、感情や意識はほとんど持ち合わせていない状態。
 多分全員金髪もしくは白髪。

概要

 本作はテレビアニメ版もあるがそちらは「リメイク」扱いであり、それより前に製作されたOVA版のマンガバージョンである。
 不老不死を求めるイナホ・ヒトメボレは、血族の契約に基づき、吸血鬼モスキートンと従者を復活させ、突如ロンドンに出現したピラミッドに向った。
 難なくオーパーツを手に入れたイナホであったが、その瞬間壁が開いて大量のミイラに取り囲まれる。
 さっそく従者のホノオとユキの攻撃により、ミイラは焼き払われたり凍らされたりしたが、この攻撃によって包帯だけが取れて中から無表情の美女軍団(ミイラ女)が現れた。
 その瞬間、オーパーツを狙うもう一人の怪人、サンジェルマン伯爵が現れホノオとユキと交戦、守りのいなくなったモスキートンとイナホにミイラ女たちが迫った。
 仕方なくモスキートンはイナホに少量の吸血を行い、契約の血を得たことで覚醒し、影とも血ともつかぬ攻撃で一瞬でミイラ女全員を刺し貫き、サンジェルマンをも撃退した。
 この後、蘇ったファラオ(女王)との戦いに移行していく。
 OVA版ではただのミイラ男しか登場せず、サンジェルマンやファラオとの戦いが描かれるのみなのが残念。

見どころなど

 包帯を焼き払われたりしたあとは全裸です。
 やられる際は胸の谷間を刺し貫かれた個体が多いです。
 また、意識が無いようなキャラですが、やられる際のみ僅かに表情が変わります。   

その他

 OVAに関しては記録を頼りに書いていますので、誤りに気付かれた方など居られましたら訂正・加筆をお願いします。

関連項目

 モブ女学生たち (マスターモスキートン‘99) リメイクのTVアニメ版に登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。