マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

BEFOREAFTER

「ふふふ…私を?私を倒す?本来の姿を取り戻した私を倒すというのか?はっ、ははっ…はははは…!」

キャラクター名

No.192 メティス

登場作品基本情報

「カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜」

アニメ

 ディオメディア/2012

CV

 石原夏織

登場シーン詳細情報

 第12話〜第13話

外見

 銀の髪・闇色の瞳の少女 

概要

 神話に抗い地上に災厄をもたらす神「まつろわぬ神」との戦いを描いた物語。
 メティスは最終話に登場したいわゆる「ラスボス」であるが、原作のライトノベルには登場しないオリジナルキャラクター。本作のヒロインの一人であるアテナの母とも呼ばれる女神であり、アテナと瓜二つの容姿をもついわゆる「分身体」。アテナの力を吸収し、本来の力を取り戻してからは女神としての本来の姿(成人女性)に戻り襲い掛かる。しかし、主人公とヒロイン達の攻撃を受け再び分裂、最期は力を取り戻したアテナと主人公が操る大鎌で一刀両断され葬られた。

見どころなど

 ヒロインと瓜二つの悪女等のポイントを抑えており、主人公とヒロイン達の攻撃を受けてから成人から少女に戻るが黒い影(裸体)のようになっている等、落雷の攻撃を受ける際の悲鳴はよかったが散り様があっけなかったりといろいろ惜しいキャララクターであった。
アテネを取り込む前に何故か味見(苦笑)
落雷を受けるヤラレってあまり見かけないかも

余談(元ネタについて)

 本作は「ゴッドサイダー」や「ハイスクールD×D」などと同じく、神話をパロディした物語だが、彼女のモデルはギリシア神話に登場するティターン神族(旧神)の女神・メーティスである。メーティスは主神ゼウスの最初の恋人であり、彼の子を腹に宿していたが、大地の女神(始祖)ガイアは「あんた、オヤジやジーサンと同じく自分の子供に主神の座を奪われるわよ」とゼウスに告げた。
 自身が親父の王位を簒奪して天界を支配したゼウスはこの予言を知ってメーティスの子に権力を奪われることを恐れ、勢い余ってメティスを蠅に変え、飲み込んでしまった。以降彼女はゼウスの脳の中でゼウスの細胞と同化して生きていくこととなるのだが、ある日ゼウスが頭痛を訴え、新しく娶った妻との間に出来た息子に頭を叩かせたところ、額からメーティスによく似た姿の女神が生まれ出たという。これが後に知恵の女神と呼ばれることとなる、アテナの誕生である。

裏話

 アテナとメティスを演じている2人は同じ声優ユニットを組んでいるメンバー同士である。また、本エピソードが収録されたBlu-ray/DVDのオーディオコメンタリーにおいて、本作のヒロインであるエリカ・ブランデッリ役を演じた日笠陽子はメティスの場面をみながら「敵役をもっとやりたい。」と敵女・悪女役に意欲を見せるコメントをしている。
 

このページへのコメント

詳細をもっと知りたいです!

2
Posted by Campen 2013年05月17日(金) 20:15:54 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。