マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.953 リリー・フランシス

登場作品基本情報

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

漫画

 秋本 治/集英社/1976〜2016年

アニメ

 ぎゃろっぷ/1996〜2004年(レギュラー放送)、2005〜2008、2016年(不定期放送)

登場シーン詳細情報

漫画

 ジャンプコミックス第55巻収録
 「<<スペシャル編Part1>> S.S.(スペシャルセキュリティ)チーム誕生の巻」
 「<<スペシャル編Part2>> マフィアからの挑戦の巻」
 「<<スペシャル編Part3>> 人質救出作戦の巻」

TVアニメ

 第94話 「大ハード!両津勘吉は二度死ぬ」

CV

TVアニメ

 栗田ひづる

外見

 スーツ姿の美女。

概要

 言わずと知れた40年の超長寿連載を誇った、型破りなお巡りさん両津勘吉とゆかいな仲間たちの日常を描くコミック作品。
この回は普段のこち亀とは微妙に世界観を変えた特別編。凶悪犯罪やテロの増加に備え、警視庁に特殊部隊・S.S.(スペシャルセキュリティ)チームが設立、中川と麗子そして両津の三人は指揮官・ケペル大佐の下、隊員に任命される。(その後、ボルボ西郷も呼ばれてないのに強引に加入。)
この項目にて取り上げるリリー・フランシスは国際的シンジケートのボス・金樹錦(きんききん。なおアニメではアブダラ・カダブラ)の下で暗躍するマフィアの一員で、高い射撃能力を持つ女性スナイパー。その他に元軍曹のリーダー・サンダース(アニメではジャッカル・ヘンダース)、元プロレスラーのアトミック・サンダー、元板前のゴッシャー・マサコスキーがいる。全員軍隊上がりの“金のためならなんでもする殺し屋”として恐れられているという。
国際シンジケートのボスの弟を捕らえたS.S.チームだったが、雇われた四人組によって奪い返されてしまう。更に奪い返すため、組織の隠れ家へと潜入する両津達だが両津一人を残し、全員が敵に捕らえられてしまう。(アニメではさらに中川の父である中川龍一郎をも人質にとる。) 応援を要請しようとするケペル大佐を止めた両津は、超過激な人質救出作戦を決行する。

・漫画原作の展開
まず両津は人質を無視してアジトビルに砲弾とミサイルを撃ち込み倒壊させる。人質たちは脱出するものの犯人グループはヘリで逃亡、両津たちも追跡を開始する。それに対しリリーは追って来るS.S.T.側ヘリの操縦席を狙撃!ところが命中したはずなのに墜落しないのを不思議がる。弾丸の効かないロボットのダメ太郎が操縦していたからだ。その後S.S.T.側ヘリの体当たりで犯人グループ側ヘリは墜落、グループは逮捕された。
・アニメの展開
両津はエリートだがが変人ぞろいの刑事軍団・特殊刑事課三羽烏を助っ人にして再度アジトビルに乗り込む。ゴッシャーとサンダーが倒されたことで残るグループはヘリで逃亡、両津たちも追跡を開始する。それに対しリリーは追って来るS.S.T.側ヘリの操縦席にいる両津を狙撃したが、命中したはずなのに現れたのを不思議がる。両津の等身大フィギュアによるダミーだったからだ。
その後船に乗り換えて逃亡を続けるものの最終的には特殊刑事課三羽烏が放ったミサイルで船を押され、そのまま放送局ビルに激突して船の爆発に巻き込まれ、その爆風に吹き飛ばされ全員逮捕された。

見どころなど

 美女キャラクターぞろいで知られるこち亀だが、こちらもマイナーながら隠れた逸材であり敵女の要素を満たす存在。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。