マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

"女"以上よ 性能は

キャラクター名

No.93 鮎川蘭

登場作品基本情報

「企業戦士YAMAZAKI」

マンガ

 富沢順/集英社/1994

登場シーン詳細情報

 ジャンプコミックスデラックス版 第2巻 BUISINESS10<魔法使い>に登場。 

外見

 ロングヘアーのOL。時代のせいか、太めの眉が印象的。

概要

 過労死した一流ビジネスマン尾崎達郎が、家族の生活のためサイボーグ山崎宅郎として蘇り、さまざまな企業に派遣され関係する人々や会社を救っていくという物語。登場する架空の商品/サービスの中には、その後似たようなものが実現したものもある。また、お約束として物語の終盤にライバル企業のサイボーグ*1が登場し戦闘になる。    

 鮎川蘭は第10話に登場した悪役で企業スパイ。外見は、本エピソードのゲストである技術者・村松が好きなAV女優“愛川うらん”に良く似ている。ちなみに、任務上セクサロイドとしての機能を持っている。

 このエピソードでは72時間に渡り、全てのチャンネルを録画する機能をもったテレビ*2が登場する。彼女は派遣された受付嬢として開発者である村松に近づき、彼を凋落し機密情報を奪おうとする。彼女がスパイであることに気づいた村松は、サラ金で借金をしてその金で産業スパイをやめさせようとする。

 しかし、鮎川蘭はそれを聞き入れるはずもなく、村松から開発の鍵となる重要部品を奪いとるがそこに山崎が現れる。彼女は乳房を露出させ、乳首から発射する液体窒素シャワーで山崎を攻撃する。山崎は「女性と闘う企業を持たない」*3ため一方的に攻撃を受け、ピンチに陥る。

 しかし、あわやという時に、村松が彼女を後ろから突き飛ばし、その際に部品が片目に刺さってしまう。それにより人工皮膚がはがれ、醜い機械部が露出させた鮎川蘭を山崎は「バケモノ」と認識、戦闘モードになる。最後は、山崎に向かって液体窒素シャワーを繰り出すが、必殺“Y・スラッガー”*4により防がれ、そのまま胴体を十字に切り裂かれ爆発した。

見どころなど

 ハニートラップとメカバレが楽しめるキャラ。控えめではあるが、セックスシーンもある。一方で、最後は完全に機械のみの顔になってしまうため人を選ぶかも(逆にメカバレするシーンが萌えるという説も。→あんなに綺麗だったのに…的な意味で。)

その他

 OVAとアニメがあるが、単発のため女性悪役は出てこない。実写ならAV女優を出すなどしてほしかったり。     

メカバレ一応注意

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。