マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.276 偽キャサリン

登場作品基本情報

「メリンダ伝説 バージン サーガ」 

マンガ

 竹下凌二(原作)・富士参號(作画)/久保書店/1990年

登場シーン詳細情報

マンガ

 全1巻

外見

 本作のヒロイン、キャサリンと同じ姿。長い金髪の美女でドレスをまとっている。
 

概要

 ファンタジックな世界を舞台に、メリンダ王国を襲った暗黒千年王国と、それに立ち向かう伝説の勇者ランスの戦いを描いた成年マンガ。本作品の敵、暗黒千年王国は、これを率いるクイーン・モローとそれに仕える四天王からなっており、いずれも女性である。

 本記事で紹介するのは、四天王とは別に登場する女悪役。物語の終盤、主人公たちは、二手に分かれてクイーン・モローの城に進入する。このとき、主人公は1人で城上部から潜入し、本作のヒロイン・ルーシア、その姉キャサリン、作中で寝返った剣士アドリアンが地下から進入することになる。

 巨大な鳥に乗り場内に潜入する主人公であったがその眼前に、イスに縛られた状態のキャサリンを発見する。すぐに縄を解く主人公であるが、彼女はいまルーシアと一緒にいるキャサリンが偽者だと告げ、さらに主人公を誘惑し始める。彼女は主人公の男性器をなめた後、主人公に寄り添うが、次の瞬間本性を表し、主人公を刺そうとする。だが、主人公は血のにおいがすることから、彼女が偽者であることに気づいており、攻撃をあっさりとかわしたため、彼女は自分自身で自分の胸を刺してしまう。

 彼女は驚愕しながらも、主人公を賞賛し、「ルーシアはもう・・・」とつぶやいて死亡した。
 ちなみに、その本当の姿は、ショートカットの少女で、物語冒頭に登場するクイーン・モローの侍女と思しき人物に少し似ている*1

見どころなど

 チョイ役であるがなかなかの美人である。

クリック出開く

このページへのコメント

彼女はクィーン・モローの侍女で間違いないです
泣きぼくろの位置や耳飾りが同じですね

もう一人の侍女も、主人公側に寝返った四天王の一人が敵ロボに放った斬撃に巻き込まれる形で倒されています

1
Posted by 名無し(ID:eXnoUuyAPg) 2019年10月17日(木) 21:32:54 返信数(2) 返信

情報ありがとうございます(今、手元にないので)。脚注の形で追記させていただくことにいたします。

0
Posted by  akuyakusuki akuyakusuki 2019年10月21日(月) 23:15:47

akuyakusuki様
まさか追記いただけるとは…ありがとうございます
本は最近手に入れました
エンジェル可愛いですね〜(ヒロインより好み)

0
Posted by 名無し(ID:zCQLWDhkwA) 2019年10月22日(火) 17:02:29

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。