マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.360 玉面狐 

登場作品基本情報

「西遊記(1986年版)」

ドラマ

 中国中央電子台/1986年(1984年?)

登場シーン詳細情報

 第17話 「芭蕉扇を奪え」(原題:三調芭蕉扇)

外見

 白い薄絹を纏った美女。

概要

 原作はいわずと知れた中国三大奇書の一つ。本作品は、日本でも何度もドラマ化されているが、本記事で紹介するのは中国中央電子台が1986年に製作したドラマ版である*1

 玉面狐は第17話に登場する。牛魔王*2という妖怪の愛人でその正体は狐である。このエピソードでは、燃え盛る火の山を越えるため、其の火を消すことが出来る芭蕉扇をめぐって戦いが繰り広げられる。芭蕉扇を求める孫悟空は、その持ち主である羅刹女が義兄弟である牛魔王の妻であることを知り、仲立ちを依頼しようと牛魔王が入り浸っている愛人・玉面狐の元を訪れる。

 しかし、孫悟空は玉面狐に無礼な態度を見せたため牛魔王を怒らせてしまい戦いになる。その最中、海に住む竜王から酒の誘いがあり、牛魔王はいったん戦いをやめ海底へと向かう。そして、孫悟空も牛魔王を追いかけていく。そして、追いかける前に孫悟空は沙悟浄に玉面狐を倒すように依頼する。

 沙悟浄はそれに従い、彼女が住む洞窟を訪れ扉を破壊する。すると、狐としての本性を表した玉面狐が飛び出してきて、いったん人間の姿に戻ると木陰に隠れるが、沙悟浄は容赦なく攻撃を仕掛ける。怯えた玉面狐は再度狐の姿になり、逃げ出そうとするが沙悟浄によって岩に叩きつけら死亡した。

見どころなど

 日本の作品と違い基本的には原作を忠実に再現している。時代が古いためメイクなどに違和感を覚えるが、なかなかの美人である。また、最後の死に際は狐の姿ではあるが悲鳴が色っぽい。ちなみに、よくよく考えてみると、彼女は牛魔王の愛人で不貞を働いたということ意外は特に罪を犯していないのだが、なぜか容赦なく退治されてしまうところが哀れである(ちなみに、原作では直接的な描写はないが、合流した猪八戒が”とりあえず叩き殺してみたら狐だった”と報告するという、けっこうひどい描写になっている)。

このページへのコメント

>>百眼魔王配下の蜘蛛姉妹
 もちろん入っているんですが、このエピソード改悪されていて、蜘蛛姉妹もムカデと一緒に許されてしまうんですよね。非常に残念です。

 ちなみに、西遊記は2010年、2011年にもドラマ化されているようで見たことがあるのですが、いずれのバージョンでも孫悟空に脳天を打ち砕かれるという死に様はありませんでした。2010年バージョンは確か自滅気味の毒殺。2011年バージョンは86年と同じく許される結末だったかと思います。いつかは原作に忠実な映像化をみたいものです。

0
Posted by akuyakusuki 2014年05月25日(日) 16:56:08 返信

>blueblood様
コメントありがとうございます。

>>地湧婦人とか羅刹女、月兎みたいに殺されてない女妖も多いですけどね、原作では。

 そうそう、ちょっと残念なんですよね。ついでに生存組と死亡組の差が理不尽な気もするんですが、玉面公主とかそんなに悪いことしてないはずだし。


>>全10巻の「こども版西遊記」
 そういえば、自分は子供向けの本ではあまり読みませんでしたね。私は邱永漢が現代日本の風刺を織り交ぜて書いたバージョンの小説で全エピソードの内容を知りました。

0
Posted by akuyakusuki 2014年05月25日(日) 16:55:51 返信

地湧婦人とか羅刹女、月兎みたいに殺されてない女妖も多いですけどね、原作では。
こいつなんか登場すらしない訳文も多いですし。

私は小さい頃はあすなろ書房から出てた全10巻の「こども版西遊記」で西遊記を読んでいたんですが(まあこれが絵は可愛いんだけどまず絵師が絶対原作読んでねえなって感じの作品で・・・)、中学に入ってから佐竹美保先生がイラストを描いた偕成社版で読み返して、さっき挙げた地湧婦人の可愛さに悶絶してしまいましたwどう見てもナタクより年上w

あ。原作終盤の百眼魔王配下の蜘蛛姉妹はこのシリーズで出ますか? あいつら確か八戒に入浴中に追い回された挙句悟空に脳天叩き潰されて惨殺されてますが。

0
Posted by blueblood 2014年05月25日(日) 15:52:13 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。