マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.186 女吸血鬼

登場作品基本情報

「ロストボーイ サースト:欲望(原題:Lost Boys : The Thirst)」

映画

 監督 ダリオ・ピアーナ / ワーナーホームビデオ / 2010年

登場シーン詳細情報

 全編に登場するが、DVD版でやられシーンがあるチャプターを以下に記す。
チャプター4
 主人公の仲間の自宅を襲撃する吸血鬼におそらくは2名の女性吸血鬼が混じっている。
チャプター6
 敵のボスがパーティを開催する食肉処理場跡地内で主人公・ヒロインと女性吸血鬼が戦闘になる。
チャプター7
 敵のボスの愛人的ポジションらしい女性吸血鬼が登場(チャプター6に登場した吸血鬼と同一か?)。

外見

 いわゆる吸血鬼。牙が生えた人間。外見は、パンクファッション、ミニスカート、ボンテージ風とさまざま。

概要

 1987年に第1作が公開された吸血鬼映画の第3作で、吸血鬼ハンターであるエドガーとアランの吸血鬼ハンター兄弟が、活躍する。本作品では、レイブパーティを行うことで若者を集め、彼らに吸血鬼の血を飲ませ大量の仲間を生み出そうと考えるDJ-Xと対決する(ちょっとしたドンデン返しもあり)。本作品には、脇役として何名かの女吸血鬼が登場して倒されている。

 1.チャプター4では、装備の補充のため仲間であるブレイクの下を訪れた主人公とヒロインを、ザコ吸血鬼が襲撃する。そのうちパンクファッションの女性は、室内に侵入したところを主人公に床に引き倒され心臓に杭を指されて死亡する。また、もう一人女性と思われる吸血鬼が、マシンガン(対吸血鬼用)の乱射により仲間2人とともに爆発するシーンがある。
 
 2.チャプター6ではレイブパーティの会場である食肉処理場跡地に忍び込んだ主人公とヒロインを、女性吸血鬼2人が襲撃する。そのうち、金髪の女吸血鬼はヒロインを押さえつけるが、一瞬の隙を見せた際にひじうち→後ろ蹴りのコンボをくらい、壁から突き出した鉄骨らしき棒に心臓を串刺しにされのた打ち回った末、爆死する。ちなみにもう1名は逃走に成功する。

クリックで開く

 3.チャプター7では、ボスの愛人的なポジションの女性吸血鬼*1が登場する。彼女は、レイブパーティ会場で盛り上げ役を務めているが、主人公が敵ボスであるDJ-Xに攻撃を仕掛けようと舞台袖から現れたのを発見し、驚異的な身体能力で3メートルほどの別な舞台から主人公の前に着地する。そして、「いかした曲をかけて」とリクエストした後、主人公と戦闘を開始する。

 身体能力の違いから彼女はあっさりと主人公を追い詰める。そのとき主人公は手じかに会ったDJ用のレコードを手に取り、ひざで破壊するが、これが彼女の命取りになった。「そんな風に首を折ってあげると」彼女は主人公に馬乗りになるが、その瞬間割られたレコードで首筋を切られてしまう。そして、追撃として心臓に杭をつきたてられた彼女は、首筋を押さえながらもだえ苦しみ、最後は爆発して死亡した。

クリックで開く 

見どころなど

 映画としてもB級テイストにあふれており楽しめるが、女性吸血鬼のやられシーンもかなり壮絶な描写がされており、楽しめる作品。また、そのほか、お約束のエロティックなシーンもある。      

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。