マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.47 女戦闘員

登場作品基本情報

「ボンバーガールクラッシュ」

マンガ

 にわのまこと/少年画報社/2000年〜

登場シーン詳細情報

 第2巻に登場

外見

 全身タイツ姿の女性。いわゆる戦闘員。髪は金髪で、マスクからはみ出している。

概要

 治安が極度に悪化した近未来の日本を舞台に、賞金稼ぎエミーの活躍を描いた作品。

 作中の誘拐事件が起こった際に、女主人公のエミーを足止めしようとした悪の組織ネオ・メガリスの女戦闘員たち。トラックからの射撃でエミーを射殺しようとするが、あっさりと乗り込まれバラバラに切り刻まれる。
 対向車で生き残った女戦闘員もガトリング砲で攻撃するが死体を楯にされて躱され、搭載されていたガトリング砲で全員蜂の巣にされ、トラックごと木端微塵に吹っ飛んだ。 

見どころなど

 大量に現れて、あっさりと全滅する様子はまさに女ザコ。台詞もテンプレの塊のような死亡フラグばかりで、まさしく雑魚と言わんばかりの活躍である。
 顔こそ覆面で覆っているのでよくはわからないが、少なくともブスではなく、全身タイツで覆われたボディラインもかなりムチムチ。そんな見目麗しい彼女たちが、原作が少年誌掲載の漫画とは思えないほどスプラッタに大虐殺され、血と臓物をぶちまけながら若い命を散らしていくのもまた凄い。この手の漫画ではボカされやすい切断面まで描かれている。
 エミーからは「自給安いんでしょ? お疲れ様!」「遅い遅い」「あっさり死ぬのが戦闘員のお約束でしょ」とさんざんバカにされまくった挙句、皆殺しにされた後「あんな役立たずどもまで雇っていったい何を…」と言われるなど、これでもかと弱さを強調されている点も評価できる。 

彼女たちの死に様はクリック    

このページへのコメント

久々にこちらをオカズにしようと訪れたら
何か少し物足りなく思い、他所で見たら
重要な伏線が足りないなと思い、少し添付させて頂きました。
私にとって究極の戦闘員はギャラクターのような
人間ベースでハーフマスクタイプです。
目元や口元を晒してるやつですね。
苦悶の表情が分かりやすく興奮するのです(汗
さて、管理人さんが仰るように、こちらの戦闘員は
僕らのような性癖の客層の欲望をフルに満たす素材として
永遠に輝き続ける事でしょうw
やられシーンに行く前に、彼女たちの攻撃シーンが
たまらなく虚しく、愛おしいのです。
「やったか!」のしてやったりの表情。
そこから背後に回られた時の絶望的な表情。
どれもこれも、可愛すぎです。
お持ち帰りしたいですw

0
Posted by missakuma1 2017年06月12日(月) 17:19:38 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。