マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.175 女戦闘員

登場作品基本情報

「FINAL FANTASY -」

ゲーム

 スクウェア(プレイステーション2)/2003年

CV

 不明

登場シーン詳細情報

 ストーリーレベル1〜2にて雑魚敵として登場
「女戦闘員」:LV1・ガガゼト山
「上級女戦闘員」:LV1:ザナルカンド遺跡
「特殊女戦闘員」:LV2:ジョゼ寺院、ビーカネル砂漠、ガガゼト山、ルブランのアジト

外見

 口元と指先以外を全て暖色(下級がオレンジ、上級がイエロー、特殊がピンク)の戦闘服で覆った女性。胸元は空いており、全身タイツのような紫のインナーがのぞいている。

概要

 この世界に存在する『幻光虫』と呼ばれる生体エネルギーを詰めた水瓶を「スフィア」と呼ぶのだが、それを巡って主人公たちの所属する「カモメ団」と対立するのが、彼女たち「ルブラン一味」である。女首領のルブランは妖艶な美女で、ヌージという男性のためにスフィアを集めており、その下にウノーとサノーという二人の幹部が控えている。この辺はタ●ノコプロっぽい雰囲気。

 彼女たちは特にどうということもないザコなのだが、ルブラン一味に潜入しようと主人公パーティの三人娘が思い立ったことにより、ストーリーLV2でちょっとばかし悲惨な目に遭う。
 すでに面が割れているため、こそこそアジトに侵入してもすぐばれてしまうと思ったカモメ団は、女戦闘員の戦闘服を奪い潜入しようとたくらんだ(ちなみに同様の話がFF9にもある)。その為に主人公たちはとある地点で女戦闘員を倒し、服を頂戴したという寸法。早い話が追い剥ぎである。ヒデェ主人公だ。かくして主人公ユウナ(前作のヒロインであり、勿論女性)はパイン、リュックの二人と共に画像の衣装でまんまとアジトに潜入、そのままその恰好でシナリオを進めて行くのだった。途中で脱ぐけどね。

 倒された際には「にゃぁぁ」と猫のような悲鳴を上げ、膝をついて倒れ伏し、消滅する。まあ服が無事だったことを考えればブチ殺しているとも思えないが。

見どころなど

 統率のとれた軍人とは違い盗賊団の戦闘員であるため、非常に俗っぽい所。
 戦闘部隊所属にもかかわらず、上司の言いつけをサボって温泉に浸かったり、「大事な戦闘服なんだから、失くしたら叱られるよ?」だの「ルブラン様って若作りしてるけど本当は何歳なんだろうね」だのと会話したりと、OLか女子大生のような緊張感のない会話をしている所が可愛い。
 また服のデザインもかなり体にピッタリしていて、ボディラインが強調されており色っぽい。では中の人もムチムチなのかと問われれば、ユウナたちがこの格好をしている際にはなぜかド貧乳のはずのリュックまで胸元が大きく強調されていたので一概にそうとも言えないのだが…。
 なお、ガガゼト山の温泉イベントでは素顔が見られる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。