マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「バカなッ! 魔風様以上の術者などいないわッ!」

キャラクター名

No.66 水鬼姫(すいきひ)

登場作品基本情報

「変幻戦忍アスカ」

マンガ

 黒岩よしひろ/集英社/1988年
 ※ 集英社の単行本他、竹書房から復刻版(2005年)がある。いずれも上下巻の構成。
 ※ その他、各種マンガ配信サイトでの電子版もあり。

登場シーン詳細情報

 下巻 第10話「未知なる旅立ち」〜第15話「アステクター」

外見

 腰まで届く黒い長髪に切れ長の目をした巨乳美女。頬には独特の文様が描かれており、額にはひし形の印をつけている。
 腹部が大きく空きヘソ出しになったハイレグレオタードを着用。左肩にはショルダーアーマーが装備している。羽のようなパーツを背中に身に着け、手には鞭を持っている。

概要

作品概要

 黒岩よしひろによる変身ヒロイン忍者アクションマンガ。魔王復活をたくらむ森蘭丸ら魔導忍邪衆と、主人公・本能寺飛鳥たちの闘いを描いている。主人公である飛鳥は、特殊なプロテクターでレオタード姿の変幻戦忍アスカに変身する。

キャラクター概要

 水鬼姫は、蘭丸の側近・妃魅魂に仕える魔導忍邪衆四鬼王の紅一点。同じく四鬼王の一人である魔風*1と恋仲である。

 彼女は水を利用した空間移動*2、水たまりの中に異空間を作りそこに潜む*3、水流の壁を作るなどの能力を持つ。さらに肉弾戦能力や、武器による攻撃にも長けている他、水素と酸素を圧爆させる必殺技「破異怒狼撃(ハイドロショット)」を使う。

作中の動向

 作中では魔風が主人公飛鳥によって片腕を失ったことを恨み、飛鳥に自分と同じ「大切な人を傷つけられる苦しみ」を味あわせようと考える。そこで、水鬼姫は飛行船で移動中の飛鳥たちを「邪霧憎怨(ジャムゾーン)」という異空間*4を用いて足止めし、部下である邪魔忍たち(水蜜水蓮水仙水晶)に攻撃させる。その上で、「敵の弱点を知れ」という魔風の教えに従い、飛鳥たちの能力を見極めようと企む。
 
 水鬼姫は邪魔忍たちと戦う飛鳥たちの弱点を分析した後*5、水晶の幻覚に拘束された飛鳥の前に姿を現す*6。そして、邪魔忍の一人水蜜の攻撃によって戦闘不能になっていた飛鳥の兄・大地をいたぶり飛鳥を精神的に苦しめる。その直後に兄に励まされた飛鳥によって、水晶は倒されてしまうが、水鬼姫は大地を攻撃し続け、ついに彼を飛行船から落とし殺害することに成功する。

最後(やられ)

 勝ち誇る水鬼姫であったが、その時怒りに燃えた飛鳥がプロテクターを使い、変幻戦忍アスカに変身する*7。さらに「邪霧憎怨」は、大地の自爆によって吹き飛ばされてしまっていた。その上、水蜜は、飛鳥の仲間である力太郎と成馬によって斬殺されてしまう。

 水鬼姫は、変身したアスカに戸惑いつつも戦いを挑み、水素と酸素を圧爆させる必殺技「破異怒狼撃(ハイドロショット)」を繰り出す。爆発に巻き込まれたアスカを見て勝利を確信する水鬼姫であったが、変身したアスカのプロテクターに彼女の技はまったく通用していなかった。

 水鬼姫は煙の中から無傷で現れたアスカを見て愕然とする。すると、その隙に放たれたアスカの竜巻を引き起こす技「爆風烈華」によって空中に巻き上げられる。水鬼姫は風に締め上げられ動きを拘束されながらも魔風のことを想い、なんとか反撃を試みる*8。しかし、再度「破異怒狼撃」を放とうとした直後、水鬼姫は背後からアスカに羽交い絞めにされ驚愕する。

 アスカは「お兄ちゃんの敵だ」と叫び、回転しながら敵を床に叩きつける大技「旋風嵐竜殺」を仕掛ける。水鬼姫はなすすべもなく床に叩きつけられ「グワッ」という断末魔の悲鳴を上げ、「パァン」という音とともに全裸となる。直後、水鬼姫は死亡し、その体は液体と化して「ジャッ」という水音を残して砕け散った*9

見どころなど

 きつめの顔立ちに露出度の高い衣装というエロティックな外見からも分かるように典型的な女悪役である。作中では主人公の飛鳥についで、バストトップを見せてくれるキャラクターだったりする。特に巨大な幻覚を用いて飛鳥たちの前に姿を現すシーンでは陰毛らしきものまで見ることが出来る。

 性格面では、飛鳥の実の兄*10・魔風の恋人でその復讐のために主人公たちを狙う、最後の瞬間まで魔風のことを想う、など女性としての一途さが強調されている。通常であればこういった要素を持つキャラクターは(和解などにより)生き残ることが多い。にも関わらず水鬼姫の場合、アスカの新型プロテクターの実力を示すためなのか、非常にあっさりと殺されるところが哀れみを誘う。

 彼女の最後の瞬間である全裸になり液状化するシーンは、やられ史上の屈指の美しいシーンであると言え、儚さを演出している。

クリックで開きます

その他

 ちなみに、単行本では大幅な修正があり、水鬼姫が砕け散る瞬間のコマは加筆されたものである。雑誌掲載時は、単にたたきつけられる直後に、全裸のコマはなく、液状化して砕け散るという、あっさり目の描写だった。このほか、水鬼姫がアスカ打倒を決意する際の顔のアップなどが書き直されている。
ジャンプ掲載時(クリックで拡大)は、アップのコマがないためあっさり目な描写に見えます。

関連項目

水蜜
水蓮
水仙
水晶
妃魅魂/那主華

その他の同一作者のキャラクターはこちらを参照。一部重複あります。

このページへのコメント

> 民族博物館様

 水鬼姫の衣装って結構デティールが凝っているので、完全再現はきつそうですが、それっぽいハイレグレオタード+液状化やられ(それなりのCGで十分)というのは割と本当に期待したいですね。

0
Posted by  akuyakusuki akuyakusuki 2018年04月23日(月) 18:19:31 返信

GIGAのBBSで「変幻戦忍アスカ」のスレッドが上がってました!まんまの実写化は無理でも、水鬼姫と邪魔忍をモチーフにしたものは確かに見てみたいものです。

0
Posted by 民族博物館 2018年04月22日(日) 19:51:27 返信

>tanatosuz様

 コメントありがとうございます。そうですね、たしかに出し惜しみするものでもないかと思いますが、最近ネタ切れだった管理人雑記に掲載させていただこうかと思います。

0
Posted by akuyakusuki 2017年09月09日(土) 18:49:38 返信

『変幻戦忍アスカ』の考察は濃密かつ読みごたえがあるだけにTwitterだけでは勿体無いと思うので「管理人雑記」の方に掲載するのもいいかなと。

0
Posted by tanatosuz 2017年09月09日(土) 16:52:22 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。