マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。


「感じないわぁ〜、アンタのお子様サイズじゃね!」

キャラクター名

No.101 水瀬文奈(マグネシウム)

登場作品基本情報

「聖痕のクェイサー」

アニメ

 フッズエンタテインメント/2010

マンガ

 原作・吉野弘幸、漫画・佐藤健悦/秋田書店/2006年〜

登場シーン詳細情報

アニメ

 第1回「震える夜」〜 第2回「仮面の友情」

マンガ

 第1巻に登場。

外見

 スレンダーな眼鏡少女、正体をあらわしたあとは露出度の高いボンテージ姿に

概要

 女性の乳房から得た聖乳をエネルギーとし、さまざまな元素を自在に操る能力を持つ”クェイサー”が登場する伝奇アクション。作中では、『アデプト』を名乗る異端のクェイサー達と、正教会に所属する主人公が戦いを繰り広げる。

 水瀬文奈は作中最初に登場した敵クェイサーで、アデプト12使徒の1人。ヒロインのまふゆたちのクラスメイトであったが、正体は『マグネシウム』をあやつるクェイサーであった。まふゆ達の前ではか弱くも優しい少女だが、その裏で通り魔事件を起こして沢山の女性を惨殺していた。

 最後は、主人公に正体を見破られ、正体を現す。そして、ヒロインの一人山辺燈を人質にとるなどする。が、ハルバートで腹を串刺しにされ、断末魔の悲鳴と共に焼失した。

見どころなど

 本作の特徴として女性の乳房を吸うことで『聖乳(ソーマ)』というエネルギーを得る人物が多く登場するという設定があるが、文奈が人質である燈の乳房を吸う際には貪る表情(アヘ顔)など外道さが強調されている(漫画版では放送禁止用語を連発する)。

閲覧注意w

このページへのコメント

>カレー様

 個人的には仕事を選ばずはじけた演技をする人のほうが長く売れているような木がするんですが、どうなんでしょう。

0
Posted by akuyakusuki 2015年08月25日(火) 01:30:20 返信

最期の断末魔が気合い入ってますね
アイドル声優がこういうヨゴレを全力でやるのは好感持てます

0
Posted by カレー 2015年08月22日(土) 20:44:03 返信

>外注様
 たぶん、顔芸のインパクトだけなら、本wikiで扱うキャラで
ダントツではないでしょうか。中の人もよい演技をしていました。

0
Posted by akuyakusuki 2014年05月10日(土) 19:51:56 返信

まさに顔芸ですね!

健気な少女とのギャップが萌えますね
乳を吸ったりなど狂気する感じる演技で感服です

0
Posted by 外注 2014年05月10日(土) 18:13:26 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。