マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。


「ふふふ、さよなら!」

キャラクター名

No.495 喪巣忍者

登場作品基本情報

「忍道」シリーズ

ゲーム

『忍道 戒』
 アクワイア(PS2)/2005年
『忍道2 散華』
 アクワイア(PSVita)/2012年

登場シーン詳細情報

 (加筆希望)

外見

 黒い頭巾をかぶり、覆面で口元を覆ったくノ一。灰色のノースリーブなくノ一装束が特徴。

概要

 アクワイアによる3Dアクション忍者ゲーム「忍道」シリーズ第1作「戒」に登場。
 舞台は室町時代末期の一条氏が納める地「宇高多」。代々「飛鳥忍者」と呼ばれる忍者の一族が暮らす土地だったが、ある日一夜にして里は壊滅。主人公の忍者「鴉のゴウ」は記憶を失い、宇高多を彷徨っていた。ゴウは近くに落ちていた矢文を頼りに一条の城へと向かい、そこで数奇な運命を辿ることとなった…。

 喪巣忍者は飛鳥忍者の後釜を狙って宇高多に侵攻をかけた忍者集団で、揚羽&薄羽という双子の姉妹忍者に率いられている。喪巣は女性しかいない勢力であり、その構成員のことを便宜上喪巣忍者と呼ぶ。ショッカーの戦闘員を「ショッカー」の愛称で呼ぶようなものだ。本作は無双アクションではなく「敵に見つからない様にして目的地に向かう」ゲームなため、喪巣忍者は見つけ次第逃げるか、背後から殺すのが定石である。彼女たちは素早い動きでカスガイのような形の武器で斬りかかってくるため、舐めプしていると痛い目に遭う。
 こちらからじっと観察していると、たまにストレッチなどをしていることもある。

 続編の「散華」では上位互換の喪巣中忍が登場しており、こちらは狐面を着用している。

みどころなど

ニンジャが出て殺す! コワイ! ナムサン!
 CV:沢城みゆきの圧倒的な破壊力だろう。峰不二子役で知られる彼女のエロいエロい声は耳のお正月モノであり、「うっ」「ちょっ、やめ、てっ」「ぬああああぁうぅぅっ」「死に…たくな…ぃっ」などの悲鳴や断末魔は飯が3杯は行けるレベルである。外見も絶品で、大きく露出した太腿や肩、二の腕、胸元などの妖艶さは抜群。また、殺し方も刀で切り殺す、串刺しにするなどといったオーソドックスなモノから、川に顔面突っ込んで溺殺させる(2では削除)などといった無茶苦茶な方法まで様々ないじめが行える。
 応用パターンでは
「あえて見えやすい地雷を踏ませて(見えない地雷だと踏んだ事に気づかず爆死してしまう)動きを封じさせ、そこ目がけて爆発するからくり人形を走らせて時間差で爆死」
「背負い投げで罠床めがけて投げ込み、槍でめった刺し(倒れている状態で槍の飛び出す罠を踏むと複数ヒットするので無残な音がする)」
「背負い投げで丸太に激突させ、ピンボールのように激突死(分かりにくいかもしれないが本当にゴチンゴチンゴチン!と激突しまくって吹っ飛んで死ぬ)」
なんてのも。もはやここまで行くとエロいとか残酷とかではなくコントである。
 またやりこむと高性能な爆薬が作れるようになるので10人くらいを一度に全滅させる事も可能。爆風が凄さは吹っ飛びながら処理落ちを起こすほど、なのが恐ろしい。
ドSゲーでござる
 さらに本作はアクションゲームとしては珍しく倒した敵の死体が消えないため、その死体を持ち運ぶこともできる。無事本陣まで持って帰ると、オマケゲーム『忍道 匠』でプレイキャラとして使用可能なのも特筆できる。

その他

 プレイキャラで使用した場合、川で溺殺する技を使用した際にTバックがモロ出しになる
 うろ覚えの知識で描いているため加筆希望です。

関連動画

クリックで表示

このページへのコメント

忍道2散華にも喪巣忍者は出てきますが、CVは変わっていたような気がします。

0
Posted by 通りすがり 2015年02月12日(木) 13:28:20 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。