マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.133 中塚侑美子

登場作品基本情報

「シンシア・ザ・ミッション」

マンガ

 高遠るい/一迅社/2005・2007

登場シーン詳細情報

マンガ

 第2巻・第5巻に登場

外見

 ショートカットの少女。

概要

 香港で犯罪組織の暗殺者として育てられた少女シンシア・ロウが、日本で対抗組織の雇った暗殺者、弑・四方犠(しい・よもぎ)との戦いに敗れたことをきっかけに日本で学生生活を送ることになり、次々と送られてくる刺客と闘うという物語。
 
 中塚侑美子は主要人物の一人である、久我阿頼耶(くが あらや)と因縁を持つ少女。生まれつき痛みを感じない体質かつサイコパスで、心身ともに常人離れした能力を持つ。そして、「まったく知らない人を何の理由もなく、殺し続けることが出来るのか」という実験を企てる。

 作中では、回想シーンで2年半前(中塚は小学6年)の事件が語られており、阿頼耶の教室に突如として現れ、「ムサベツサツジン」と称して、彼女の担任教師を殺し、友人の片目をつぶしたことが明らかになっている。その後、阿頼耶によってぼこぼこにされ、“実験”は阻止されたことになり、医療少年院に収監される。

 しかし、その2年半後(作中の現在)にカウンセラーや介助係を言葉巧みに懐柔し、脱走の手助けをさせた上殺害。実験を阻止した阿頼耶への復讐を企てる。その後、脱走中に警官を殺害するなどさらに殺人を犯している。その後、学校で阿頼耶と対峙。驚異的なスタミナと痛みを感じない体質で、彼女を追い詰める。しかし、最後は「動機なき殺人者」を自称する自分が、一人の人間を執拗に殺そうとしていることを看破され冷静さを失い、顎を撃ち抜かれて失神した。

 その後、第5巻で再登場。身動きが取れないように、拘束されているにもかかわらず、拘束具を内側から破壊し、脱走を企てる。しかし、収監されていた檎桐鸞*1によって両膝と首の骨を折られ阻止されている。

見どころなど

 ロリキャラ、サイコパスというある意味究極の組み合わせから成立しているキャラクター。やられっぷりもとにかくぼこぼこにされるという容赦のなさ。惜しらむは痛みを感じない体質のせいでリョナ的な描写が若干薄いというところか。      

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。