マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「椿と申します」

キャラクター名

No.977 椿/牡丹 

登場作品基本情報

「エイトドッグス―忍法八犬伝」 

マンガ

 山田風太郎(原作)・山口譲司(作画)/リイド社/2017年

登場シーン詳細情報

マンガ

 全編に登場。やられは第2巻。

外見

 椿:ストレートの黒髪をした和服姿の美女。戦闘時はミニスカ風のくノ一衣装となる。ただし、最後は全裸で死亡している。
 牡丹:日本髪に釣り目の和服美女。髪の色は不明だが、トーンなので茶髪などの可能性がある。同じく、戦闘時はミニスカ風のくノ一衣装となる。 

概要

 江戸時代初期を舞台に、里見家に仕える八犬士と、服部半蔵率いる服部組くノ一八人衆との忍術合戦を描いた作品。滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』*1をモチーフにした作品で、原典の子孫たちである若き八犬士たちが、伊賀忍者に奪われた里見家の家宝である8つの<伏姫の珠>を奪い返すために戦う*2

 本作は、敵味方双方が8人の忍者からなっており、バトルロイヤル形式で物語が進んでいく。そして、伊賀忍者側は、ザコ忍者と頭領の服部半蔵を除くと、全員がくノ一からなっている。

 ちなみに、序盤の物語は以下の通り、

クリックで開く



 椿と牡丹は第2巻の序盤で倒されるくノ一。物語の途中、主人公たちは、里見家の正室である村雨姫*4をかくまうため、女郎屋に逃げ込む。

 そして、それに気が付いたくノ一八人衆のリーダーである船虫が、女郎屋に潜入させたのが、本記事で紹介する椿と牡丹である。ちなみに、2人とも肉弾戦も出来るが、いわゆる性に関連した忍術を得意としている。特に椿は「男の心魂を虜にする」術に長けているとのこと。

 その後、2人は女郎屋の用心棒をしている八犬士の一人、犬飼現八から”手ほどき”と称してセックスに誘われる。2人はこの機会に源八を凋落して情報を得ようとする。

 しかし、現八も性交によって相手を虜にする術に長けていた。そして、椿は現八の甲賀忍法・陰武者*5によって、絶頂させられ無力化されてしまう。

 さらに、現八は牡丹とも交わるが、今度は牡丹が伊賀忍法・袈裟御前*6によって、現八に反撃する。射精を封じられ悶える現八から情報を聞き出そうとする牡丹であったが、ここで現八が最後の力を振り絞り牡丹の首を絞める。

 牡丹は、このままでは現八も死ぬと脅すが、現八が屈するわけもなかった。こうして、牡丹は現八によって絞殺された。なお、椿はその後、操られた状態で牡丹の首を持ち、リーダーである船虫に現八からのメッセージ*7を伝えた後、船虫によって頭部を串刺しにされて死亡した。

見どころなど

 とりあえず、2人ともエロイ。
 椿は、「男の心魂を虜にする」術に長けているという設定の通り、くノ一・八人衆でもっともかわいらしい容姿をしており、端的にエロイ。にもかかわらず、最後はエロ無残な姿をさらすところが見所。
 また、牡丹は敵女でもめったに見られない手による絞殺という珍しい倒され方をしている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。