マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

はじめに

 ここは、同人作品に関する情報を共有するためのページです。商業作品ではない作品の内、以下のような要素がある作品を扱います。
  • 敵女・女ザコ・悪女について、良質と判断されるリョナ・やられ描写がある作品。オリジナル・パロディは問わない。
  • リョナ・やられ描写はないが、本wikiの取り扱い対象となる敵女・女ザコ・悪女が扱われたパロディ作品。

 以上です。
 ルールなどは後日少しづつ決めていきますが、以下の点を絶対に守ってください(守られない場合、予告なく記事の修正などを行います)。
  • 項目は原則として、1作品につき1つの小項目(***)で立てる。
  • 記事は『作品名』(同人誌名/ホームページ名など)のアイウエオ順とする。
  • 画像は絶対に使用しないでください(←重要)
  • 販売ページなどへのリンクも張らないようにしてください。どこで購入できるのかという情報を示す分には問題ありません。
  • ホームページなどを紹介する場合やリンクを貼る場合、当該のページがリンクフリーかどうかなど、基本的な点を事前に十分に確認してください。
  • 作品内容について記述する際は、リョナ・やられ描写の有無について一言加えていただけるとありがたいです。

 以上となります。

同人作品紹介 ア行

奈落【アビス】への挑戦状(獅子山竜・牙威格斗・明日の英雄亭/1997-2016年)
  • 種類:同人RPG(D&Dリプレイをベースとした二次創作)
  • 該当キャラ:ハーピー、サキュバス、ラミア、ナーガ、等
概要:テーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のシナリオを一人プレイ用ゲームに作り替えた作品。とはいえ、プレイに際して原作知識は一切必要ない。劇中の舞台は典型的な剣と魔法の西洋風ファンタジーであり、物語のあらすじも「主人公の住む村の近くの炭鉱で、ドワーフの鉱夫たちが誤って魔界の門の封印を解いてしまった。主人公たちは門から飛び出した悪魔や邪竜を打ち倒し、魔界の門を再封印するための旅に出た」というシンプルなものである。さて、当wikiで取り扱うべき女性型モンスターについてであるが、やはり特筆すべきは全裸で襲い掛かってくるハーピーとサキュバスであろう。乳首も股間もモロ出しで主人公パーティに襲い掛かってくる様は一般の商業作品ではなかなか見られない光景である*1。しかもこの二種、宙に浮いて出現する関係で、弓矢や投石や一部の必殺技で攻撃を仕掛けるとちょうど秘所のあたりに命中エフェクトが直撃する。とはいえ、別にテキスト面でそういう示唆があったりはしないしダメージボイスもないので、各自の想像力で補完していこう。
アンダーカバーガール ノーパンJK囮捜査痴漢監獄列車(PinkGold/2013年)
  • 種類:横スクロールアクションゲーム(同人一次創作)
  • 該当キャラ:3面の女子高生痴漢たち
概要:『秘密痴漢囮捜査官、白小鳩 翠(しらこばと みどり)の元に痴漢犯罪情報が入る。 翠は囮捜査を開始するが、それは組織的な痴漢犯罪集団の罠だった…。』という導入で始まるアクションゲーム。
タイトルに痴漢の囮捜査とは付くものの、敵組織は列車を完全に占拠し乗客の女性をほしいままにレイプするという世紀末ヒャッハーな連中であり、主人公の翠も囮捜査もへったくれもなく格闘攻撃で痴漢らをしばき倒していくというゲームである。お前ら少しは忍べよ。
全部で5ステージあるうちの第3面は女性専用車両がモチーフとなっており、レズビアンの痴漢たちの手に陥ちている。とはいえ主人公のやることは他ステージと変わることもなく、情け容赦のない格闘攻撃で彼女らをなぎ倒していくこととなる。3面ボスは謎のロボットに乗った赤ビキニ姿の少女となっており、倒錯的なバトルを楽しむことができる。

淫魔幼女(ねぼ◆53618aa0/2008-2014年)
  • 種類:同人小説(一次創作)
  • 該当キャラ:金髪白人爆乳エロ淫魔(第1.5話)、名無しの淫魔少女(第9.5話)
概要:本作の話の本筋はいわゆるTSF*2作品であり、主人公のロリ淫魔*3がヒロインの「おにいちゃん」と愛のある和姦を繰り返し、最終的に彼を淫魔化させる……という筋書きである。が、文章の端々から『他の淫魔はしばしば男性を強姦して衰弱死するまで搾り取ってしまう』『特に淫魔になりたての者は思考能力が低く、相手の体力など考慮せずにひたすら犯して結果殺してしまう』『それに対抗するため、人類側の政府や自警団は淫魔ハンターを組織して淫魔を狩るようになった』といったダークな世界観が垣間見える。そして第1.5話では『もしも主人公がロリ型淫魔ではなく成人型の爆乳淫魔だったら』というIFが描かれる。この世界線では主人公は「おにいちゃん」に拒まれたため、彼を強姦して吸い殺してしまう。そしてその直後に駆け付けた淫魔ハンターによってイかされて消滅してしまう。最後に「――ザコ淫魔を一蹴した淫魔ハンターは、犠牲になった男の遺体を睨みつけて、一刻も早く親淫魔を見つけなくては! と決意を新たにするのだった」と示されて終了となる。また、第9.5話(第9話と第10話の幕間)では、名もなき淫魔が囚われて北海道の研究所に収容され、『性的絶頂を与えて淫魔を消滅させる機械』の実験台にされる様子が描かれている。件の淫魔は文中で『外見年齢15歳前後、短髪白髪、目は赤い。全裸で、四肢を機械に固定されている』と形容されている。そんな幼さの残る少女がドリル状の機械に秘所を蹂躙され、泣き叫んで命乞いをし、アヘ顔・アクメ顔を晒して消滅してしまう――といった描写が、短いながらも克明になされている。

えふえふ☆ないんにゃ〜完成版(MAGI/2001年)
 種類:同人誌(FF9) 概要:表紙を見た瞬間、勘のいい読者であれば「これ間違いなく赤○健じゃねーか!」と思うかもしれないが、それもそのはず、本作は赤○氏のチーフアシが執筆したエロ同人誌である。1年前に打ち切り状態で刊行された同人誌を加筆・修正したもの。原作に登場する女獣人「フライヤ」を強引に擬人化しており、アレクサンドリアの将軍・ベアトリクス*4とのイチャコラが前半部に描かれている。その後、ベアトリクスの副官(原作と異なり、一般兵のグラをそのまま流用している)が登場し、ベアトリクスに魔法で生やされ、ベアトリクス指揮の下フライヤとのエッチに挑むというもの。…原作からしてアレクサンドリア軍は女だらけのタテ社会のため、こうゆう文化も根付きやすかったのでは?というご都合主義的な妄想も楽しめる一品。フライヤ、ベアトリクス、副官の三美女が所狭しと互いの身体を貪り尽くす様は圧巻の一言。副官を始めとする女兵士たちは赤○テイストの高頭身な美女として描かれており、こんな美女を次から次にぶっ殺してたのかと思うとなんか切なくなる。

おねぇさんsyndrome(In The Sky/2011)
  • 種類:同人誌
  • 該当キャラ:オリアナ=トムソン(とある魔術の禁書目録)
  • 概要:原作アニメのパラレル的な二次創作であり、オリアナが主人公の上条君の捕獲に成功したというIfルートで進む。上条君は原作よりショタっぽい絵柄で描かれており、おねショタ要素が強い。縛られた上条君を手コキ、フェラ、逆アナ、パイズリからの媚薬ディープキス、騎乗位逆レイプという役満コンボ。勿論リョナシーンなど無い。
おねショタ剣戟ACT パレードバスター(excess_m/2016年)
  • 種類:同人ゲーム(一次創作)
  • 該当キャラ:雑魚・ボス等、全ての敵キャラクターが美人のお姉さん
概要:ショタ剣士が悪の帝国の女戦士軍団に立ち向かうという筋書きの一人称視点アクションゲーム。タイトルが示すとおり本来のウリは敗北時の逆レイプ描写だが、全ての敵キャラに撃破時のアーマーブレイク絵とダメージボイスがついており、敵女やられ作品としても十分に楽しめるつくりとなっている。主人公のチャージ攻撃を受けた女の子が絶叫しつつ乳首を晒しながら消滅していく様は非おねショタ勢にとっても実用性十分といえるだろう。道中では敵国兵士だけでなく、ラミアやワーウルフや雪女といった女性型モンスターとも戦う機会があるので、人外娘需要もばっちりカバーしている。

同人作品紹介 カ行

吸血美人 Vol.4、Vol.5(yozora/2015年)
  • 種類:同人ソフト/デジタルコミック(オリジナル)
※ ゲームのウィンドウでマンガを閲覧する形式
  • 該当キャラ:吸血娘
概要:リンク集にもある吸血娘ふたなリーナなどを運営するyozora氏による同人作品。同サークルでは『吸血美人』というシリーズものの同人作品を発表しているが、Vol.4「ふたしゃ2」とVol.5「吸血娘の退治の仕方」には、それぞれやられ描写がある。
 「ふたしゃ2」では、ふたなりの吸血娘が何者かが操る空中に浮かぶ手によって、拘束された挙句射精させられ力尽きたところをハントされる。また、「吸血娘の〜」では、中年の男性に美少女吸血鬼(こちらは非ふたなり)が、犯された挙句同じくハントされる。いずれの作品でも、ハントされた吸血娘が悶えながら消滅する様子を動画で描写しており、エロとリョナを両方楽しめる良作となっている。また、同サークルが販売する『吸血美人イラスト集』と『ふたなり吸血娘イラスト集』にもわずかではあるが、やられ絵が含まれている。
教導(BOBCATERS/2010年)
概要:『テイルズオブジアビス』の敵幹部「六神将」本(R-18)。リグレットが六神将の一人「疾風のシンク」(原作設定からして少女と見まごうばかりの美少年)に筆下ろしを行ってあげるおねショタ本だが、途中で発情したシンクがリグレットを犯す内容になっているため、「ショタは搾取されてなんぼじゃああああああああ」という方は見ない方がおすすめ。
 あと、リグレットがシンクに胸を揉まれて母乳をぶっ放すシーンもある。主人公パーティは付録に登場するのみ。やられシーンはあるわけがない。

くノ一地獄変 R-31(もっちー王国/2007年)
  • 種類:同人誌(CAPCOM VS SNK)
  • 該当キャラ:ポイズン
概要:カプコン VS SNKを元ネタに春麗と不知火舞を主役とした作品。絵柄はリアルより。内容は、捕縛された春麗を救うために舞が敵の本拠地に乗り込むも、マッドギアのポイズン(ちなみにこの作品ではふたなりの模様)の罠にかかり陵辱されるという内容。ファイナルファイトの女ザコであるポイズンが悪役を務めている。
 作中では、ポイズンが「マッドギア特性の催淫剤」を使い、2人を性的にいたぶるも、最後は舞に逆に薬を投与されてしまい、嬌声発情させられて発狂寸前に追い込まれ、放置されるところで物語は終了する。直接的なリョナ描写はないが、優位に立っていたポイズンが逆転される描写は見ごたえあり。
CRIMSON RABERIA(薙刀館/2014年)
  • 種類:同人CG集(オリジナル)
  • 該当キャラ:ジュディーン、ベーシア、女兵士(複数)
概要:エロ漫画家である祭野薙刀氏の同人作品。オリジナルのストーリー漫画。メインは主人公ラベリアと少年ナルナの「おねショタ」エロだが、アクションシーンも多い。敵女・悪女やられ的な見所は、1.序盤で次々に殺される女兵士(フルヘルム+エロ鎧)。2.女剣士ジュデーンとの対決。サディスティックな巨乳女剣士と死闘の末、心臓をえぐり出し、殺す。3.ナンナを逆レイプするベーシアの頭を背後から剣で貫く。ジュディーンとベーシアの屠りは大ゴマで描かれ、死体描写もあり。なお、女性キャラはいずれも巨乳・むちむち体型。高い画力によるハードな屠りが楽しめる。DLsite.comでダウンロード販売中。

けものフレンズ 12.12話「ひこうき」(うー電車/2017年)
  • 種類:MMD動画(けものフレンズ二次創作)
  • 該当キャラ:セルミミズク
概要:アニメ『けものフレンズ』の最終話の後を描いた二次創作動画。主要キャラの一人であるワシミミズクは、滅んだ人類の遺産「ひこうき*5」に強い好奇心をいだいていた。しかし、その好奇心の輝きをセルリアンに写し取られた結果、コピーとしてセルミミズクが生まれる。そしてセルミミズクは「ひこうき」を復元してフレンズ達を襲い始めた。果たしてパークの運命はいかに――といった内容である。
 原作が原作なのでセックスアピール的要素は皆無だが、偽ヒーローやクローンの悲哀といったテーマに心惹かれる人には是非お勧めしたい物件である。
 なお当該作品はニコニコ動画とyoutubeの両方に投稿されているが、youtubeの方は音声がおかしくなっている部分がある*6ので、なるべくニコニコ動画での視聴をおすすめする。

恋の苦さとため息と(スイートピー、大島智/2013年)
概要:バッドエンドプリキュアが主人公たちを戦闘不能にさせて凌辱し、またバッドエンドハッピーがバッドエンドサニーとレズキスをし、キュアハッピーを闇落ちさせたりする。因みに主人公たちは全員闇落ちエンド。敵女のやられはないものの、バッドエンドプリキュアが好きな人には是非お勧めしたい1冊。
ゴッドマジンガー外伝 シャーマンへの鎮魂曲(RANDY/2017年)
概要:超ヤバイ! ホントに視聴者の描いた同人か!?
このギョーカイでは最早常連のRANDY氏による同人誌で、『ゴッドマジンガー』の二次創作。内容は「ムーの戦士がシャーマンを殺しまくる」、以上である。一部のキャラはアニメ版からカラーリングなどが変更されている。
圧巻なのはその画力の高さと驚くほど充実した殺し方であり、原作とは違い内臓や断面まで描かれるのは日常茶飯事、両腕を切断してからぶった切ったり首を粘土細工のようにひん曲げたり体内に寄生虫を打ち込んで内臓を食わせたり口の中に爆薬を突っ込んで北●神拳ごっこしたりと、考えうる限りの全てのリョナが含まれている恐るべき書。おまけにただのスプラッタに終わらず、「相手が子供であるとナメきって逆にボコられる」「命乞いを無視されて虐殺される」「服を着られて羞恥した途端に体がズレて真っ二つ」「敵に盾にされた挙句、自軍から滅多刺しにされ、しかも敵には逃げられ犬死」「敵前逃亡して上司にすぐ殺される」など、「どうだこれでもか」というほどシチュエーションが秀逸で、最早女ザコリョナの教科書と化している。ここまで己の願望を詰め込めるのは尊敬に値する。

同人作品紹介 サ行

ジオン女性兵(ケルゲレン子)ブロック崩し(GMSTYLE/2007年)
概要:後ろ手に拘束されたケルゲレンの女性兵士の衣服をブロック崩しのボールで破壊し、最終的には全裸にするゲーム。中々にエロチックで絵も良質だが、肝心のブロック崩しは少し難しい(といっても頑張れば2、3回でクリアできるが)。
邪道王2006 ウィッチブレイド(アルゴラグニア/2006年)
概要:ド鬼畜、ド外道、基本的人権完全無視で知られるサークル・アルゴラグニアのエロ同人。
蘇峰玲奈とノーラの二人が前半は都築栞を、後半は天羽雅音を拷問・調教・肉体改造し、超乳&クリチンポ化させるという鬼畜展開。
ウィッチブレイドの同人誌では中々見られないノーラのエロシーンが描かれているという点においては貴重な一冊である。
まりあはイラストのみで、残念ながら本編には登場しない。
邪道王2007 ラルΩグラド(アルゴラグニア/2007年)
  • 種類:同人誌(BLUE DRAGON ラルΩグラド)
  • 該当キャラ:闇女王ビラ
概要:ド鬼畜、ド外道、基本的人権完全無視で知られるサークル・アルゴラグニアのエロ同人。前半は主人公と師匠のミオ先生とのおねショタHが、後半はビラと宿主の女奴隷たちのレズセックスが描かれる。ビラは一方的に攻める方なので、このwikiの住民の認識ならばオールカラーで裸のビラ様が見れてラッキー、位の認識で良い。
銃士戦隊フランスファイブ
  • 種類:自主制作映画
  • 該当キャラ:エクスタジー、ワークライ
概要:フランスの有志が制作した同人特撮。題名が示すとおり、東映スーパー戦隊シリーズをモチーフとした作品。全編フランス語で日本語吹き替えはないものの、ニコニコ動画で日本語字幕版が公開されている*7。エクスタジーは第1〜4話に登場するボンテージ女幹部だが、最終的には生存し味方になる。一方のワークライは第5〜6話に登場。蛮族風の衣装でフランスファイブに襲い掛かるも、こちらはきっちり倒される。

スマッシュボーイ(excess_m/2018年)
  • 種類:同人エロゲ(オリジナル)、全年齢版もあり
  • 該当キャラ:敵キャラの全て
概要:パレードバスターのexcess_mが贈るおねリョナアクションゲーム。格闘少年(某プラモアニメの主人公似)が雲霞の如く押し寄せる女ザコをひたすらボコり続けるという、かつて同サークルの出した「王様はおねショタの夢を見る」に似たシステム。自由度も高く凶器攻撃もできる。体格差がかるく頭2つ分ほどあるので、女ザコと戦う際にはひたすらに股間を集中攻撃できる。股間を殴られ、股間を蹴り上げられ、股間に拳を突き入れられ、あまつさえ股間を打たれ頽れた顔面に蹴りをぶち込まれる美女たちは、「ひゃッあァンあッあッうあぁッ」と凄まじい悲鳴を上げるのでプレイヤーの股間にも大ダメージである。勿論、やられると主人公が嬲られる。
難易度調整も可能で、一撃死レベルからこちらが一撃死されかねないレベルまで調整可能。一刻も早くオレは抜きたいんじゃい! という方はダイジェストモードでソー●マ●ターヤ●ト方式のプレイも可能。好きな相手を選んで嬲り殺され…もとい戦闘演習を行えるなど、自由度の高さではこの業界内でもトップレベルか。

同人作品紹介 タ行

体格差おねショタバトル! 女ミュータントVSC級エージェント(78/2016年)
概要:『キャプテンコマンドー』のキャロルと、オリ主のC級エージェントの美少年が戦う2Dアクションゲーム。ゆうに体格差は頭二つ分ほどもあり、被ダメージボイスもエロく、戦闘中にはキャロルを叩きのめしたり首を絞めたり踏んだり蹴ったり地面に薙ぎ倒してから腹を叩き潰したりと様々ないじめ方が楽しめるほかオッパイを揉んだり、股間を撫でまわしたりできる。相手もショタコンなのかC級君の股間を集中攻撃してくるなどモーションも痴漢アクションがたっぷり。勝利ルート、敗北ルートの二つがあり、勝利ルートではキャロルやブレンダを尋問と称してSMプレイに持ち込むこともできる。まさに「おねリョナ」の極致にあるような同人ゲーで、敗北ルートでは逆にキャロブレを動かしてC級君をいじめる事が可能。

乳沼(オパイ/2013年)
  • 種類:同人小説(一次創作)
  • 該当キャラ:淫魔リフィ
  • 概要:いわゆるバトルファック系作品。淫魔ハンターが淫魔四姉妹のうち末娘のリフィを倒すも、残りの三姉妹による報復を受け快楽堕ちさせられる、という筋書き。あくまでメインは三姉妹による逆レイプであり、リフィ撃破シーンはその前振りでしかないのだが、身をよじり命乞いしながら消滅させられる淫魔少女の様子は実にそそるものがある。

天誅総集(すいか時計/2009年)
  • 種類:同人誌(天誅シリーズ)
  • 該当キャラ:神楽
概要:敵キャラである神楽が力丸と性交するというくだりがある。最後は串刺しにされるが、変わり身だと判明する。ちなみに本物の神楽は直後に処刑されている。2014年現在DL.siteにてダウンロード販売がある模様。

同人作品紹介 ナ行

同人作品紹介 ハ行

パレードバスター
ア行オ項「おねショタ剣戟ACT パレードバスター」を参照。

秘匿通信創刊号『BLACK ALICE ASSAULT〜美少女戦闘員撃滅〜(秘匿通信社/2016年)
  • 種類:同人誌(オリジナル)
  • 該当キャラ:クロエ(女戦闘員)
概要:タイトルの通り、ロリ系の女戦闘員が徹底的にリョナられる同人誌。女戦闘員は非常にタフという設定のため、死亡するまでこれでもかといたぶられる過程が楽しめる。もっとも、女戦闘員クロエは徹底的に残虐なキャラとして描写されているので、良心の呵責とかあまり感じないかも。2016年現在DLsiteにてダウンロード販売あり。

風俗『悪の組織』(Gul-Fuh/2018年)
  • 種類:同人誌
  • 該当キャラ:女戦闘員
  • 概要:悪の女戦闘員が、組織の運営する風俗で働いているという内容の画像集。ストーリーは女戦闘員が客として訪れた男に性的サービスを行った上で、誘拐し怪人の素体にしようとたくらむが逆にいかされてしまい…という内容だが、物語の最後に女戦闘員に理不尽な最期が待ち受けている。死亡後の溶解描写もある。2018年現在DLsite.comにてダウンロード販売あり。

同人作品紹介 マ行

マゾーン兵のくやしいっ…でも…(Gul-Fuh/2017年)
  • 種類:同人誌(宇宙海賊キャプテンハーロック)
  • 該当キャラ:マゾーン
概要:宇宙海賊キャプテンハーロックに登場する宇宙人マゾーンに注目した同人誌。基本的にはセックス描写がメインだが、おまけとしてマゾーンが射撃され、炎上する、リョナ描写も含まれている。

ミネバプル、ミネバプルズ(ミニマムイブ/2013、2014年)
  • 種類:同人誌(ガンダムシリーズ)
  • 該当キャラ:マリーダ・クルス、プルツー、ミネバ・ザビ。ただしマリーダはミネバプルズのみ。
概要:2冊とも宇宙世紀のジオン軍の敵女の絵のみが載せられた画集。全年齢向けで、海水浴等の彼女たちの日常的な描写を中心として描かれている為に凌辱、セックス、やられ等は一切ない。ただその絵はオールカラーでクオリティも高水準にまとまっており、細部まで丁寧に描きこまれているので、純粋に彼女たちが好きな人や彼女たちのカラーの絵が見たい人にはおすすめである。

同人作品紹介 ヤ行

やる夫は電光超人になるようです(サコミズ ◆SE0iAExf26/2011年-連載中)
  • 種類:アスキーアート二次創作(やる夫スレ)
  • 該当キャラ:結晶怪獣キラキー、 透明怪獣モモルガン、火炎怪獣モコムラー、冷凍怪獣チルドラー
概要:匿名掲示板のスレッドで連載されるアスキーアート作品、いわゆる「やる夫スレ」の一つ。かつて円谷プロが制作した特撮ヒーロー番組『電光超人グリッドマン』の二次創作となっている。原作グリッドマンの敵は非人間型の着ぐるみ怪獣ばかりだが、こちらの作品では一部の敵が女性型モンスターとなっている。巨大少女がパンモロキックで破壊活動する様子はシュール極まりない……のだが、グリッドマン世界における怪獣生成のプロセス(いじめられっ子の高校生タカシが怨念をこめてコンピュータウィルスを造り、それに魔王カーンデジファーが命を与える)を考えると、むしろ性的要素が含まれるほうが自然であるともいえる。なお、怪獣が女性型になってもグリッドマンの武器や攻撃方法は原作通りなので、目潰し・腹パン・背負い投げ・斬首などのエグい攻撃が加えられることになる。

同人作品紹介 ラ行

ロクな目に遭わない戦闘員(TMZFのサークル/2014年〜)
  • 種類:同人誌(オリジナル)
  • 該当キャラ:女戦闘員
概要:タイトルの通り女戦闘員が戦い惨殺されていく様子を描いた同人作品シリーズ。2018年現在9作目まで発売されている。登場する女戦闘員はふたなりが多く、さまざまなシチュエーションで次々と殺されて行ってしまう。
ロストウォークロニクル 舞台裏の掃除人(秘密結社M)
概要:連邦軍に囚われたケルゲレンの女性兵士が、連邦の男性たちに処女を奪われ輪姦される。絵は良質で作画の乱れもないので、彼女のファンやガンダムシリーズの敵女が好きな人にはお勧め。2015年現在、とらのあなで委託販売されている。
ローゼンクロイツスティレッテ(erka:es/2007-2010年)
  • 種類:同人ゲーム(一次創作)
  • 該当キャラ:8大ボス、ホムンクルス、イーリス、ドリアード
概要:魔術師の少女ティアが主人公の2Dアクションゲーム。作品全体が某ロック○ンシリーズのオマージュとなっており、8つのステージを自由な順序で攻略し8大ボス全てを撃破すると最後のワイ○ーステージの扉が開かれる――という点がしっかり再現されている。そして何より重要なことに、8大ボス全てが美少女となっている。麗しい立ち絵・ドット絵もさることながら、彼女たちの登場時・攻撃時・ダメージ時・撃破時にはそれぞれ豊富なボイスが用意されており、目でも耳でも楽しむことができる。
わけてもボスの一人、リーベア・パレーシュの悲鳴は猛烈にエロい。「いやぁっ」「きゃっ」「あぁんっ」「うぅんっ!」「お兄様ぁぁーーーっっ!!」ボスの中で最も弱いことも相まって、付いたあだ名が『エロいトードマン』。ひでぇ。
なお各ステージで戦う8大ボス少女たちは止むを得ない事情で主人公と敵対しており、主人公のティアもそれを分かっているので不殺で済ませている。だが、最終ステージの最終盤にあるボスラッシュ部屋*8では各ボスの姿と能力をコピーしたホムンクルスが登場し倒すと容赦なく爆発四散する。*9悲痛な断末魔も合わさって哀れを誘う。 我々の業界ではご褒美です! そして最終ボスのDr.ワ○リーことイーリス・ゼッペリンもまた美少女、というか美幼女である。ワケあり気味だった8大ボスと異なり、こいつは性根の腐った豚野郎としか言いようのない正真正銘の邪悪である。この他、最終ステージの道中にはドリアードという女性型ザコ*10が登場して主人公にバシバシ破壊されていく。
ローゼンクロイツスティレッテ フロイデンシュタッヘル(erka:es/2012年)
  • 種類:同人ゲーム(一次創作)
  • 該当キャラ:8大ボス、黒十字騎士団、ホムンクルス、イーリス、ドリアード、メイド、アイスエレメント
概要:上記『ローゼンクロイツスティレッテ』の続編。ゲーム全体が某ロック○ンシリーズのオマージュという点も同様である。
本作では最初に選択できる8ステージ及び8大ボスを倒すと、次に4つのステージと4体の新ボス『黒十字騎士団』が出現し*11、それも倒すとようやくイーリスが待つ最終ステージの門が開くという仕様になっている。道中のボスがワケあり・全員不殺である点、ボスラッシュ部屋のコピーホムンクルスは爆死してしまう点も同様である。今作の主人公は、前作で8大ボスの一角を占めていた魔術師フロイディアである。一方、前回主人公だったティアはイーリスに身体を乗っ取られてラスボスとして君臨することになる。なお今作では女性型ザコの種類が少し増えており、メイドさん*12や氷の妖精が登場するほか、前作から続投のドリアードも3種類くらいのバリエーションが与えられている。

同人作品紹介 ワ行

同人作品紹介 その他

BE::MS(ヂャー/2013年)
概要:バッドエンドプリキュアが主役。バッドエンドマーチがキュアマーチ、キュアサニーを半殺しにした後でサニーを凌辱しようとするが、仲間たちの活躍で彼女らは逃走。それを見たバッドエンドサニーが逃がしてしまったバッドエンドマーチを嘲笑うが、逆上した彼女はバッドエンドサニーを拘束してキュアサニーの代わりとばかりに凌辱し、バッドエンドサニーは最終的にバッドエンドマーチにおねだりする。敵女のやられとヒロインのリョナの両方が味わえる作品。
BFブレイブ(POTATO HOUSE/2015年)
  • 種類:同人ゲーム(一次創作)
  • 該当キャラ:淫魔(女性型モンスター)全29種
概要:西洋風ファンタジー世界を舞台としたバトルファックRPG作品。主人公のアトラムは純朴な農民だったが、病気の祖父を救うため淫魔との戦いに身を投じることになる――といった筋書きの物語である。敵の淫魔は『物理攻撃が通用せず、セックスバトルを挑みイかせると消滅、逆にイかされると死ぬまで精を搾り取られる』という設定になっている。ありがちな設定に思えるが、撃破した敵が消滅(≒絶命)すると明言されている作品は意外と稀少であり当wiki的にポイントが高い。また、女モンスターの種類はザコ・ボスを合わせて29種にもなり、それぞれの立ち絵に脱衣差分・瀕死差分・挿入差分・中出し差分が存在する。さらに撃破時のセリフも充実しており、『低HP状態に追い込まれたときに言う台詞(3種の中からランダム)→HP0にされたときの台詞(同じく3種からランダム)→最期の命乞い(愛撫のみで倒した場合と男根挿入で倒した場合とでそれぞれ3種ずつ)→消滅の瞬間の断末魔(これは1種類のみ)』という流れが全てのモンスターごとに逐一設定されている。モンスター娘とのバトルファックものといえば『M男向けの被虐描写が主で、加虐描写はなしorあっさり済ます』というのが大半である中、*13敵女への加虐描写をここまで手厚くやってくれる作品は大変貴重であると言える。
B104(乳ふぇいす/2011年)
概要:オリアナ=トムソンと本作の主人公・上条当麻とのセックスシーンの静止画ばかりが入っているCG集。アニメ塗りで、クオリティはぶっちゃけ作画がイマイチだった原作アニメよりも上だと思えるほど。彼女が好きならば購入して損はしないだろう。ただ、あくまでセックスシーンのみなのでやられはない。2015年現在、DL.siteにてダウンロード販売されている。

Cpmix(まるちゅう制作/1995年)
  • 種類:同人誌(キャプテンコマンドー)
  • 該当キャラ:キャロル
概要:キャプテンコマンドーを中心に扱った同人誌。内容は、仲間を皆殺しにされて怯えるキャロルが、ジュネティーという宇宙人(ゲームのプレイアブルキャラ)にオモチャにされ、レ○プされた挙句、彼の酸性の精液でドロドロに溶けてしまうというもの。溶解するといっても、絶頂に達した次のコマで白骨になっている程度でさほどグロイ描写はない。リョナ描写も少なくどちらかといえば、エロよりな作品。

DepraviA〜戦乙女アンジェリカが酷い目にあう横スクロールハードコアリョナアクション〜(青色ハッキョウダイオード/2014年-2015年)
  • 種類:同人一次創作ゲーム(横スクロールアクション)
  • 該当キャラ:ボーンズ、アスモデウス、Lovers、サリエル
概要:ヒロピンリョナに定評のある同人サークル『青色ハッキョウダイオード』が発表した横スクロールアクションゲーム。主人公の天使アンジェリカが、人間界に攻め寄せてきた悪魔をちぎっては投げちぎられては投げられするゲームである。
サブタイトルが示す通り、あくまで主人公アンジェリカが男性型悪魔や異形悪魔にリョナられるのが主眼のゲームではあるが、少数ながら女性型の敵も登場する。特に『色欲』ステージのボスである大悪魔アスモデウスは、倒されて爆発する瞬間にまるで性的にイッたかのような表情をする*14。また、全てのステージでSクラス勝利を達成するとトゥルーエンドとなり、エンディング後の特典でラスボス・サリエルのリョナムービーを拝むことができる。
DepraviA Egrigoli(青色ハッキョウダイオード/2018年)
  • 種類:同人一次創作ゲーム(横スクロールアクション)
  • 該当キャラ:HighPriestess、Empress、Lovers、Justice、Sun、Judgement、The World、列車に女の上半身が生えた形のザコ悪魔(名称不明)、アラキエル、ペネム、サリエル
概要:ヒロピンリョナに定評のある同人サークル『青色ハッキョウダイオード』が発売を予定している横スクロールアクションゲーム。上記DepraviAの続編にあたる。
 前作同様、あくまで主人公のリョナが主眼のゲームであるが、作者の深海氏が「今回は女性型悪魔のリョナにも力を入れる」と宣言しており、ゲーム中に登場する敵女にもやられモーションがかっちり描写されている。
 たとえば、前作でやられモーションのなかった蛇女型悪魔のLoversは、倒された瞬間「やだぁぁぁっ!」と悲鳴を上げつつなぜか乳首と秘所をいじりまわしてイきながら逝くという素晴らしいやられモーションが追加されている。その他、女戦士の姿をしたJUSTICEは首が切断され「うわぁー」と悲鳴を上げながら炎上する。また、THE WORLDは上半身が紫肌の女性で下半身が異形の怪物という姿の悪魔なのだが、倒すと「ダメぇ、ぁん、こわれちゃうぅぅ」とエロく喘いで下半身の秘裂*15から大量の体液を噴き出しながら絶命する。この他にも女性型の悪魔とやられ描写は数多く登場する。また、やられモーションはANIMATION MODEで何度でも再生できるのもうれしいところである。余談ながら、本作の女性型悪魔の喘ぎ声は全てDL Siteで販売されている音声素材パックを利用しているため*16、これらの素材をあわせて購入すると各モンスターの他の喘ぎ声パターンの妄想が捗るのでオススメである。

М

MONSTERとHENTAIさんたちのERO-Frontier(アイソトニクス/2008年)
  • 種類:同人誌(モンスターハンター)
  • 該当キャラ:擬人化したグラビモス、擬人化したダイミョウザザミ
概要:グラビモスというモンスターが黒髪ロングの巨乳でSな姉ちゃんに擬人化。ハンター達に突進を仕掛けるも逆に胸部装甲を破壊され、弱点の胸が露出する。その胸に攻撃を畳みかけられて弱って逃走するが、罠で捕獲された後に調教された。結局ハンターたちのペットになったが、あくまで自分からなってあげただけな模様。おまけ漫画では擬人化したダイミョウザザミのロリ少女がハンター達にボコボコにされる。絵は個人的にはそこら辺の商業誌よりも丁寧に感じるほど。

Parade Buster
ア行オ項「おねショタ剣戟ACT パレードバスター」を参照。

Rosenkreuzstilette
ラ行ロ項「ローゼンクロイツスティレッテ」を参照。
Rosenkreuzstilette Freudenstachel
ラ行ロ項「ローゼンクロイツスティレッテ フロイデンシュタッヘル」を参照。

Stray Weeping Beauty(ムラムラPocky & しのしの)
概要:バッドエンドマーチ、バッドエンドビューティに倒されたキュアビューティが彼女達に凌辱される。敵女のやられは存在しないが、バッドエンドプリキュア同士(マーチとビューティ)の百合が見られたり、絵も丁寧に書き込まれている。特に前半のクオリティはなかなかのもの。バッドエンドプリキュアが好きならば一読の価値はある。
タグ

このページへのコメント

>猫又の人様 tanatosuz様、blueblood様
>利用者の皆様

 同人紹介ページにおけるリョナ描写がない作品の紹介についてですが、特に反対意見もないので、こちらに限ってはリョナ描写なしでもOKとします。

 もちろん、当該のキャラクターが本wikiの取り扱い対象になることが前提となります。

>>同人作品紹介ページの該当キャラから直接wikiの記事
 私としては問題ないと思います。

0
Posted by 管理人 2015年02月01日(日) 12:53:21 返信

>>リョナ描写のない同人誌

敵女が取り上げられる同人誌自体も数が少ないので、私もいいと思いますよ。

0
Posted by tanatosuz 2015年01月21日(水) 00:13:41 返信

まあ確かにそうですね、ステラ辺りも激しく微妙な感じがします。服はエロいんですけどね。
今回は管理人様が「敵対している所は記事を作ってもよい」とおっしゃられたので同人に載せてみましたが、外しておくことにします。

魔弾のリグレットさんの本が気に入った時に感じたのですが、紹介するものがこのwikiに記事が作られているキャラの場合は、同人作品紹介ページの該当キャラから直接wikiの記事に繋がるようにすれば分かりやすいと感じたのですがいかがでしょう。
キャラ記事から同人につなげるのはやめた方がいいとは思いますが…

0
Posted by 猫又の人 2015年01月20日(火) 21:58:48 返信

ミーアってあんま悪役のイメージが無いですねぇ。個人的な意見ですが、どっちかっつーと操り人形にされた悲劇のヒロインって感じが。あと、どっちかって言うと、ラ…(キラキラバシュウン ドゴーン)

0
Posted by blueblood 2015年01月20日(火) 11:36:51 返信

同人紹介ページの場所については了解しました。TOPページの更新ありがとうございました。

あとそもそもセックスシーンすらない同人はどうなるんでしょうか。全年齢向けでマリーダ、プルツー、ミネバ、カテジナ等のガンダムの敵女のみを載せた画集なんですが。
個人的な意見では「敵女を中心にしたもの」か、「敵女の良質なやられがあるもの」ならば掲載すべきだと考えます。

ですが、私も皆さんの意見を聞きたいというのが正直なところです。

0
Posted by 猫又の人 2015年01月19日(月) 01:28:37 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。