マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.306 飛天統の毒蜂太夫 

登場作品基本情報

「孔雀王 曲神紀」 

マンガ

 荻野真/集英社/2006年〜2009年

登場シーン詳細情報

マンガ

 第3巻 に登場。

外見

 修験者の姿をした長い黒髪の女性。

概要

 本作は、主人公孔雀が密法の秘術を駆使して、妖怪や神と戦いを繰り広げる伝奇アクション。曲神紀は孔雀王シリーズの3作目にあたり、主人公孔雀と神との戦いが描かれている。

 毒蜂太夫は第3巻の悪役となる神の眷属五統の一人である。作中では、孔雀を待ち受ける3人目の刺客として登場する。彼女は孔雀と遭遇するや、自己紹介をしながら服を脱ぎ半裸となって、襲い掛かってくる。だが、その体術は孔雀から「素人同然」と言われるレベルであり、あっさりと攻撃を食らう。しかし、攻撃を食らうごとに彼女の体は肥大化していき、ついには昆虫のさなぎのような姿に変態する。

 孔雀はさなぎ状になった毒蜂太夫を攻撃し、中に潜んでいた彼女を引きずり出す。すると彼女は昆虫の外骨格のようなものに覆われた人形程度の大きさの姿に変化していた。彼女は、攻撃が通じない外骨格と毒をもつ尾により孔雀を攻撃し、追い詰める。

 しかし、毒に犯されながらも孔雀は鉱物の化身である地蔵菩薩の力を借りて体を石化させ、追撃を防ぐことに成功する。あせった毒蜂太夫は、術のために印を結んだ状態の孔雀の手を破壊しようとするが、一瞬の隙を付き術を解除した孔雀によって尻尾をつかまれてしまう。
 
 最後は、孔雀によって地面で押さえつけられ、自分自身の毒針を口の中に突き立てられ死亡した。     

見どころなど

 半裸で登場というサービスはあるが、殴打されるたびに不気味な姿に変化していくなど、いろいろと惜しいポイントが多いキャラクター。
      
最後は、毒蜂の姿で死亡。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。