マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.424 白鳥 美由

登場作品基本情報

「AIKa ZERO」

アニメ

 スタジオファンタジア/2009

登場シーン詳細情報

 全編にわたって登場

CV

 後藤邑子

外見

 青いロングヘアーが特徴。穏やかな顔つきではあるがどこかミステリアスな雰囲気もある。
服は超ミニスカの白い制服。清楚なデザインの制服だが丈はかなり短く簡単にパンツが見える。ちなみにパンツはピンクのリボン付いておりE.T.A.Iと一緒。

概要

 聖エアロ学園の生徒会長で他の生徒からも憧れの存在。ホワイトナイツのトップ3人組の1人で漫画にも登場した。
 藍華達の対面する1年前、謎の光の触手に導かれて学園の地下にやってきた美由は宇宙船を発見したが、突如触手にお尻を貫かれ気絶。その後触手の操っていたE.T.A.Iと協力する事となり、触手の力で高い学力と身体能力を得て聖エアロ学園のカリスマ生徒会長になった。更に生徒会で構成される組織ホワイトナイツを結成しE.T.A.Iの目的の為他の生徒達を誘拐し続けた。
 前述のことでE.T.A.Iに深い親愛を寄せており曰く「あなたのおかげで私は変わった、毎日が輝いて見えるようになった」とのことで以前は図書室で1人で過ごす控えめな少女だった。E.T.A.Iも美由から感情を学び美由を想っている。
友情を育む美しいシーン。しかし残酷な結果は訪れる。
 ちなみにこの生徒誘拐事件の目的は生体データの収集だが詳しくは明らかになっていない。この連続女生徒誘拐事件の主犯として、事件の真相を探る藍華たちと対立する。
 1話では一度触手を駆使して藍華を捕獲するが、りさこ先生達に邪魔をされ失敗に終わる。その後保険医として学園に潜入していたりさこ先生を奇襲し麻酔銃(おそらく1話の戦闘で藍華が落としたやつ)で気絶させ邪魔すると命はないと脅して姿を消す。--気絶した後言っても意味があるのかな?--
 2話では前述の過去を回想しE.T.A.Iに改めて感謝してもうすぐで目的が達成することを述べた。そして藍華達の襲撃に備え触手をホワイトナイツの面々に貫いて強化を促す。そして凛と香奈も「もしものため」に強化して触手を出せるようにした。
努力せずに強くなれる触手に魂を売った少女達の図
 最終話で軍の要望で再度学園に訪れた藍華に最後の生体データ収集のためシャワーを浴びてる女生徒8人を触手で貫き地下に運ぶところを目撃されてしまいアジトに潜入されてしまう。藍華と再び戦う事になるが、部下のホワイトナイツ達は全滅。地下に合った宇宙船の破壊を阻止しようとする藍華にE.T.A.Iと共に最後の戦いに挑んだ。戦闘ではかなりの実力を見せるが、自身の触手攻撃を利用され、その攻撃をE.T.A.Iが美由をかばって倒れた。美由もE.T.A.Iの敗北により戦意を喪失した。呆然としていたところを若きネーナに麻酔銃を撃たれ気絶。その後E.T.A.Iと共にネーナ達に研究の為回収された。

見どころなど

 今回の主犯とだけあってかなり悪い表情を度々見せる。自分を「お姉さま」と慕う後輩すら目的のために気絶させて触手で吊るすのは序の口で、全裸の女生徒を気絶させて全裸のまま誘拐して全裸のまま吊し上げるといった尊厳もへったくれない目にあわせる悪事を平然と行う悪女。
この後自分も似たような姿になることを知る由もない少女達。マ○コやア○ル を鑑賞してるようにも見える。
藍華やりさこ先生への襲撃だけでなく、敗北したホワイトナイツでさえ触手で吊るすなど容赦がない。もっともホワイトナイツに関しては敵に捕まり口を割られたら計画が台無しになるので、そうなる前に触手で回収し目覚めるまで隔離するのは自然な処置でもある。やられシーンは非常に少ないが、最終話のネーナに麻酔銃を撃たれるシーンはかなり過激で見ごたえがある。その後回収される場面ではパンツを脱がされ完全にケツ丸出しの状態で富士山ポーズという本作屈指のエロポーズを見せた。
パンツをずり下ろされ、お尻丸出し。このポーズでア○ルが見えないが凄い
パンツはAIKa作品の本質でありそのパンツを下ろされた様はまさに完全敗北。

クリックで表示

余談

 前述の通り美由が何故女子生徒たちを誘拐したかは明らかになっていない。更に宇宙船の正体もいまいちわかっておらずおそらく次回作の布石かと思われるが、2020年現在新作はまだ発表されていない。
 また最後に引導を渡してきたネーナ・ハーゲンと共通してる部分がある。
立ち位置はナンバー2
敗北した部下に容赦がない
藍華を圧倒したことがある
しかし覚醒した藍華に圧倒された
組織のボスに深い愛を寄せている(E.T.A.I )と(ルドルフ・ハーゲン)
そのボスに人外の能力を渡される(金の触手)と(オルタネートメタル)
しかし最終的にその能力で自滅(美由は少し事情が異なる)
しかもボスがやられる原因を作ってしまったが内容は真逆(E.T.A.Iは自ら犠牲になった)↔(ルドルフは無理心中された)

このページへのコメント

この作品見た事ないけど、この子可愛いですね。

1
Posted by 天鳳院歌月 2017年11月11日(土) 01:52:52 返信

このシリーズってデルモみたいな感じがないのであまり語られてない印象ですが、凛・香奈・E.T.A.Iのヤラレ様は見ごたえありましたね!とりわけE.T.A.Iの中の人にはびっくりしたものです(笑)

1
Posted by tanatosuz 2014年08月01日(金) 00:19:31 返信

こ、これは凄い(笑)。よろしければ、あらすじなども追記していただけないでしょうか? 

1
Posted by blueblood 2014年07月30日(水) 21:24:54 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

フリーエリア

「平成の敵女を振り返るアンケート」実施中(5月31日まで)
リンクはこちら

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。