マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

(左端は美月霊牙の胸)

キャラクター名

No.114 緋鳥

登場作品基本情報

「ダブルソウル」

マンガ

 宮崎信二(原作)・真壁太陽(漫画)/秋田書店/2005年(第7巻)

登場シーン詳細情報

 第26〜28話(第7巻)

外見

 袖・裾の長い着物姿。胸は大きいようだが露出はない。

概要

 現世と霊界を結ぶ「歪みの祠」から現れ人々に危害を加える邪霊と、邪霊を封じる一族「婆娑羅」。しかし婆娑羅には人間側に立つ「紅(あか)の婆娑羅」と、邪霊の側に立つ「蒼の婆娑羅」がいた。邪霊、そしてそれを操る蒼の婆娑羅は人間界への攻撃を強めてゆく。彼らと戦う異能の高校生、如月一矢・坂上小梅らの物語。

(7巻)蒼の婆娑羅の目的は、平安時代に滅んだ「黒御前」を復活させ人間の世界を破滅に導くことであった。彼らは東京都庁を巨大な歪みの祠とし、黒御前の復活を企てる。一矢・小梅らはそれを阻止しようと、そして祠導師に奪われたままの杏子を救出しようと突入する。
 緋鳥は鈍亀・水月らとともに迎撃、頭飾りを触手化して紅の婆娑羅(一矢の仲間たち)を攻撃するが、水月が倒されると鈍亀と合体してしまう。しかしその後どうなったのか一切描かれずフェードアウトしてしまった。

見どころなど

 残念ながら出番はほとんど無い。初登場が26話だが、その際には敵幹部勢揃いの場面に入るのみ。27話では一矢らと交戦。28話では戦っている様子が一コマだけ描かれるのみである。男キャラと合体し異形化したことも含め、残念なキャラクターと言える。

関連項目

美月霊牙
ヒスイ

戦闘シーン
鈍亀と合体する緋鳥

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。