マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

 

キャラクター名

No.342 平教経&平知盛/平清盛 

登場作品基本情報

「義経ちゃん剣風帖」 

マンガ

 小野寺浩二/少年画報者(ヤングキング)/平成17年

登場シーン詳細情報

マンガ

 第二巻 #15「決戦!平家怨霊軍団」〜#22「闇を切り裂く流星」に登場。

外見

 平教経     茶髪・ポニーテールの活発そうな女子高生に憑依
 平知盛/平清盛 黒髪・三つ編みの大人しそうな文科系女子高生に憑依
  平清盛バージョン  

概要

 平安末期、鬼一法眼は数十年の時をかけて準備を行い、いざ世界征服に乗り出そうとした矢先、一番弟子であった源義経に娘ごとすべてを奪われて焼かれてしまう。
 800年後の現代、委員長女子高生の榊静流は破邪の秘刀「アマツキツネ」に宿った源義経の霊の依り代に選ばれ、「義経ちゃん」として様々な敵と戦っていく。
 一方、鬼一法眼は義経に復讐しつつ世界を征服しようと活動を開始し、様々な敵を静流の元に送り込んでくることとなる。
 
 やがて鬼一法眼は、犬吠埼(銚子)の犬石に封じられていた平家の怨霊を呼び覚まし、義経ちゃん打倒の為にぶつけるが、怨霊側はハナから封印を破ることに鬼一法眼を利用していただけであり、コントロールを離れて義経ちゃんと勝手に戦いだす。
 とはいえ義経ちゃんの破邪の秘刀「アマツキツネ」の前に怨霊は無力で、平家の怨霊はは次々に成仏させられてしまう。
 これを見た平教経と平知盛の怨霊はその場を逃げ出し、近場にいた女子高生を依り代として実体化、しばらくの間義経ちゃんと抗争を繰り広げることになった。(#15・#16)

#17ではなぜか地下動物コスプレ闘技場に放りこまれた義経ちゃんと平教経と平知盛がキャットファイトをする羽目になる。

#18からは2人と義経ちゃんの決戦となり、2人は鬼一法眼を巻き込んで東京タワーを利用しての東京都民すべてを使鬼にする呪を飛ばす作戦に出る。
 平教経は壇ノ浦で果たせなかった義経との一騎討ちをすべく待ち構え、東京タワー内で念願の勝負を挑んだ。
 平教経の一撃必殺の構えに対し、義経ちゃんは相打ち覚悟の一点特攻の構えで突入し、見事平教経を倒して成仏させることに成功した。(#20)
 しかし教経も平知盛にとっては時間稼ぎに過ぎず、東京タワーの呪を完成させようとしたが、義経ちゃんの仲間ので影の薄い那須与一(転生)によって阻止される。
 追い詰められた知盛はこの自分の中に眠っていた平清盛(清盛ちゃん)を復活させて、義経ちゃんと戦わせようとした。
 ところが、清盛は死の間際の熱病で正気を失っており、知盛ともども荒ぶる破壊神と化して東京の街を破壊し尽くす存在となってしまう。
清盛暴走中
 覚悟を決めた義経ちゃんと静流は、心を合わせて真っ向から一撃必殺の一撃を放つと、「アマツキツネ」の力が最大限に発揮され、清盛ちゃんは倒されて、清盛と知盛を成仏させることに成功した。(#22)

 尚、依り代とされた2人の女子高生はけっこう激しくやられたものの、大怪我をしたり死んだりはせず、この後なぜか静流の友人となって登場した。(三巻)
 

見どころなど

 今は結婚してひよってしまいましたが、変態萌え漫画家として活動していた頃の小野寺先生の作品であり、敵味方とも萌え要素たっぷりです。
 平教経のほうのやられはいまいちですが、平知盛/平清盛の脳天からの一刀両断風となっています。

関連項目







 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。