マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

「久しぶりの精気吸引アル」

キャラクター名

No.1065 妖怪女 

登場作品基本情報

「淫妖快怪」

マンガ

 吉田蛇作/司書房/2002年

登場シーン詳細情報

マンガ

 同名の単行本に収録。全編に登場。 

外見

 ほぼ全裸の女性。手足と股間のみラバーのような衣装に覆われている。髪の毛は短く尻尾が生えている。

概要

 好きな女性に振られた主人公が露店で買ったツボが妖怪女を封印したものであったことから始まるエロマンガ。

 本記事で紹介するのは、壺に封印されていた妖怪女。作中では主人公が壺の封印を解いたために現れると、精気を吸収するためにさっそくとばかりに主人公と性交する。

 その後、彼女は主人公を奴隷扱いし、主人公の好きな女性まりこが強姦されているところで淫乱な性格に変えた上、その体を豚にしてしまうなど悪事を働く。また、主人公はさんざん射精させられ殺されそうになり、逃亡する。

 その後、主人公はたまたま出会った封魔師・泉薫子の助けを借り、「妖怪女とセックスし、陽の気を注入することで力を奪う」という作戦を実行しようとする。ちなみに、そのための準備として泉薫子と主人公のエッチシーンがあったりする。

 準備を終えた主人公は、妖怪女のところに戻り、彼女と性向をするが射精する直前に企みに気が付かれ吹き飛ばされる。さらに、乱入した泉薫子もあっさりと撃退されてしまう。

 だが、豚の姿に変えられていたまりこと泉薫子が連携を取り、妖怪女の動きを封じることに成功する。妖怪女はそのまま主人公に犯されて、泣き落としも通じず、最後は射精されて再び封印された。    

見どころなど

 この手の作品のメインサービス役は、そもそもそれなりに良いキャラであったり、改心したりすることも多いなか、珍しく最後まで悪役という存在。最後はセックスにより無力化されるところが捗るポイントである。

クリックで開く

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。