マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

キャラクター名

No.222 妖将鬼カミュラ

登場作品基本情報

「ミュウの伝説」

マンガ

 野部利雄/小学館/1985

登場シーン詳細情報

マンガ

 第4巻〜第7巻

外見

 額に蛾のような触手を持つ金髪の女性。衣装はビキニアーマーやレオタードなどさまざま。ちなみに、本体は体の中に入っている虫のような生物である。

概要

 ファンタジー風の世界(実は、はるか昔に存在したムー大陸という設定)を舞台に超能力をもつ少女ミュウと幼馴染の少年ルイが闇の一族と戦っていくという内容。

 妖将鬼カミュラは本作品第1部の実質的なボスキャラクターで闇の一族でも有数の将。また、不死身であり何度殺されてもよみがえる存在。作中では地下国家「ノア」が闇の一族と手を結び地上支配を試みた際に、闇の一族によって派遣される。

 作中では、ノアでレジスタンスによる反乱が起こった際に主人公たちと対決するも、超能力で額を打ち抜かれ死亡する(もちろん、すぐ復活)。そして、ノアの解放に成功し村に戻った主人公たちを狙い、女司祭を殺し体を奪いミュウに戦いを挑む。しかし、率いた部下も全員ミュウに倒され、カミュラ自身も大ダメージを負ってしまう。

 しかし、彼女はミュウを誘惑することに成功し、そのまま殺そうとする。が、そこに仲間であるフェアリーが駆けつけ、カミュラは追い詰められる。そこで、彼女は最後の力を振り絞り巨大な精神エネルギー体となって、ミュウたちに攻撃をしかける。ミュウはカミュラに体当たりをするが弾き飛ばされてしまう。しかし、そこにミュウの幼馴染であるルイが駆けつけ、彼女にキスをすると、光が発生する。そして、カミュラはその光に飲み込まれ消滅した。   

見どころなど

 最後は精神体になってしまうのが、非常に残念であるが、不死身なためか、逆にやられシーンが非常に多く見られるリョナ的にオススメなキャラクター。 

クリックで開きます。

 本当、最後のエネルギー化さえなければよいキャラであったのに。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。