マンガ、アニメ、特撮などに登場し、倒されていく女性悪役の情報を扱います。

 
「そうさ!ボクたちは選ばれしもの その利権を使って何が悪い!?」

キャラクター名

No.1071 LL
※ 正式名称はラング・リクイデーターである。 

登場作品基本情報

「ハイメと臓器姫」

マンガ

 千賀史貴 (原作)、 鉄田猿児(作画)/小学館/2019年

登場シーン詳細情報

マンガ

 第2巻に登場

外見

 セミロングの髪をした少女。背中には巨大な肺がまるで翼のように生えている。服装はフリルスカート。

概要

 地球を侵略しに現れた『蟲』と呼ばれる知的生命体との戦争後の世界を舞台にしたアクションマンガ。人類は『蟲』との戦いに勝利したものの、『蟲』の死骸から発生するウィルスにより、男性(とオス)が太陽光を浴びることが出来なくなってしまったため、地下で生活しているという設定。文明も崩壊している。

 本作品の主要な敵組織は、糞蝮学園という名の臓器売買組織であり、無理やり男性を拉致し、解体し売買している。また、全員が女性によって構成されている。

 主人公は元は糞蝮学園の幹部”臓器姫”の1人B・B*1であり、自分の体液(血液や汗)を、他人の体液と接触させ爆発を起こす能力を持っている。

 本記事で紹介するのは、LL*2は第2巻に登場する臓器姫である。彼女は肺を強化した改造人間であり、人間離れをした肺活量を持ち、舌から空気を弾丸のように発射したり、肥大化した羽状の肺から空気を噴出し飛行するなどの能力を持っている。また、いわゆる僕っ子である。

 作中では、主人公が訪れた村を部下とともに襲撃する。彼女は主人公が能力を発揮できない水場に誘い込み戦いを優位に進める。しかし、一計を案じた主人公に閉鎖空間に誘い込まれ顔面を殴られてしまう。

 激昂したLLは自らの細胞をまき散らす攻撃を繰り出し、主人公を水の中に追いこんだ上、渦潮を作り出し拘束する。このまま主人公を窒息死させようとするLLであったが主人公による血液の温度を上げて水を沸騰させるという反撃にあい、水中から逃げ出す。そして、外で待機していた主人公の仲間たちによって銃撃される。

 最後は主人公によって一刀両断された上、主人公の血液=爆弾を投げつけられて爆死した。       

見どころなど

 珍しい僕っ子系悪役。最後は容赦なく両断されるところがポイントである。

クリックで開く

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

+ボタンを押すと開閉します。

wiki内容説明

同人作品紹介

インデックス

名称アイウエオ順
演者・CV名

演者・CV名

リンク集

その他

リンクはご自由にどうぞ。相互リンク希望の方は上記アドレスまでご連絡ください。なお、本wikiはアダルトサイトです。ご留意ください。

【メニュー編集】

Menu

管理人

akuyakusuki

連絡先

akuyakusuki(あっとまあく)gmail.com

Wiki内検索

フリーエリア

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
お知らせ
0.(>検索などでいらした方へ)本wikiにはリョナ描写・グロ描写が含まれます。苦手な方はブラウザを閉じてください。
1、現在メンバーのみ編集可能です。「メンバー申請」から参加申請をお願いいたします。