女ザコ・敵女・悪女情報wiki - スズカ(アカメが斬る!)
「フフ… 深爪になっちゃった♪」

キャラクター名

No.970 スズカ

登場作品基本情報

「アカメが斬る」 

マンガ

 タカヒロ(原作)・田代哲也(作画)/スクウェア・エニックス/2010年

アニメ

 WHITE FOX/2014年

登場シーン詳細情報

マンガ

 第8巻〜15巻 に登場

アニメ

 第18話「鬼を斬る」に登場

CV

 松井 恵理子

外見

 合気道の胴着を身に着けたスレンダーな女性。黒い髪の毛を後ろでまとめている。

概要

 ファンタジー風の世界を舞台にしたアクションマンガ。少年タツミは帝国の圧政から村を救うために帝都に出稼ぎに出るが、あることから殺し屋集団ナイトレイドの一員となる。そして、腐敗した帝国に立ち向かっていく。
 作中には、特殊な武器“帝具”を駆使してさまざまな技を操る殺し屋が数多く登場する。

 スズカは安寧道という宗教集団にもぐりこんだ帝国の大臣*1を護衛する4人組、皇拳寺羅刹四鬼の一人。

 前述の帝具はもたないが、爪を自在に伸ばすなど特殊能力や人間離れした視力、現実社会で言う合気道や空手に似た武術を駆使して、”帝具使い”と互角の戦闘能力を持つ。ちなみに、ドMであり、皇拳寺羅刹四鬼の他の3人が死亡した後はエスデスの配下となっていた。

 第8巻では、仲間となったセリュー・ユビキタス*2と行動中に、主人公タツミとその仲間マインを、発見し紆余曲折を経て、タツミと対峙する。彼女はタツミが帝具の使用により体力を消耗することを狙い持久戦を仕掛ける。

 しかし、仲間であるマイン*3の援護に駆け付けたい、タツミは遺跡の中に逃げ込むと、その遺跡を破壊しスズカを生き埋めにするという作戦に出る。これによって、スズカは死亡した。

 …かに見えたが、第9巻の終盤で羅刹四鬼の身体能力によって生きていることが分かり、生き埋め状態から脱出していた。ただし、アニメ版では原作との展開の相違から、この展開がなく、生き埋めになって死亡したと思われる。

 その後、スズカはエスデス将軍の配下となり、帝国の宮殿に侵入してきた主人公タツミの捕縛に参加したり(第11巻)、捕縛されたタツミを慰み者にしようとしてエスデスの折檻されたり(第11巻)している。また、第14巻では宮殿地下に侵入したアカメを殺すため、地下道をつぶすという作戦に出て自分自身も再度生き埋めになったりしている。エピローグでは、斬り落とされたエスデスの腕を大事そうに抱え、敗走している場面が描かれている(第15巻)。

見どころなど

 羅刹四鬼で唯一終盤まで生き残るキャラクター(ただし原作のみ)。外見の可愛さではメズに引けを取るが、特に原作でのドMというキャラクター性が魅力的なキャラクター。ちなみに、原作だと全裸で拷問されているシーンもあったりする。

クリックで開く

関連項目