女ザコ・敵女・悪女情報wiki - 紅花(不思議ハンター)

キャラクター名

No.316 紅花

登場作品基本情報

「不思議ハンター」 

マンガ

飯塚幸弘(原作)・黒岩よしひろ(漫画)/集英社/1991年

登場シーン詳細情報

マンガ

第2巻 第4話 妖の平安京 の巻 に登場

外見

 平安眉・着物姿の女性。 

概要

 不思議ハンターこと雷門竜太が、天神二刀流と生命エネルギー”プラナ”を武器に、さまざまな怪事件を解決していくという物語。

 紅花は最終シリーズである「妖の平安京」に登場する。このエピソードでは、京都の山奥に作られた隠れ里のような空間に潜み、若い女性たちを誘拐し魔性宝樹という植物の生贄にしていた土蜘蛛が敵役として登場する。紅花はその土蜘蛛に仕える従女の一人である。

 作中では、さらわれた妹を救うために現われた主人公の前に立ちはだかり、妖糸縛蓮(ようしばくれん)という口から糸を吐く攻撃を仕掛けてくる。主人公は木刀を回転し防ごうとするがかなわず、ぐるぐる巻きにされてしまう。

 彼女は爪を伸ばしトドメを誘うとするが、直後に額を木刀で串刺しにされる。実は主人公は、木刀に糸を巻きつけて縛られることを防いでいたのであった。彼女は死亡し、後には巨大な蜘蛛のなきがらが残されていた。

見どころなど

人間時は美人であるが、本性がとにかく怖いのが残念。ちなみに、土蜘蛛の従女はもう一人いたはずだがフェードアウトしている。 

関連項目

内村奈美の悪の心(不思議ハンター)

その他の同一作者のキャラクターはこちらを参照。一部重複あります。