オダギリさんに出会ったキッカケ

★どういう作品や番組でオダギリさんが気になり出したかなど、よかったら聞かせて下さいv(AKI)


このウィキは、管理者以外の方でも自由に書き込みが出来るようになっています。是非書き込んで行って下さいね。

■livedoorのIDを持っていないので参加できないけれど、参加してみたいという方がもしいらっしゃいましたら、是非管理人までメールで内容をお送り下さい。
管理人の方でありがたく転載させていただきます。
akiodagirist01★yahoo.co.jp AKI宛
(お手数ですが★マークを半角@マークに直してお送り下さい)


<書き込みの手順>
  • 上の「編集」タブをクリック
  • 上の人の書き込みの1行下に続けてコメントを書き込む
  • その際、【例】のように、「|(半角)」(キーボード右上「¥」マークのキー)を入れて記入して下さい
【例】|ハンドルネーム|作品名など|なぜ気になり出したのかなど|
  • 「保存する」をクリック


何か感想などがあれば、下のコメント欄を使って下さいね。

■オダギリさんに出会ったキッカケ


名前(HN)作品名・番組名など気になりだしたキッカケ、理由は?
AKI2000.1.30の朝子供の頃有名だったヒーローが復活するのかぁと何気なくチャンネルを合わせてしまった第1話。これが子供番組?ヒーロー?と興味を惹かれ、暫くしてから『この人、究極に好きな顔してる!!』とふと気づく。これが私のコンニチへのキッカケでございました^^;
blue n2001年秋・さんまさん司会のバラエティ番組クイズコーナーで加勢大周さんが「彼(オダギリさん)の体型がうらやましい」と言ったことから良〜く見れば、素敵な骨格をなさっていたので。
switch2002年10月東京電話インターネットのCMオダギリジョーというカタカナの名前と、変な髪型、ハーフかなと思う風貌(メークだったのでしょうが)、長い手足。とても不思議な存在感のある人だなと思い、強く印象に残りました。
sayo2001年雑誌rockin'on洋楽雑誌なのに仮面ライダークウガについて度々力説している「なんでそんなに面白いのだ!」や「仮面ライダークウガを映画化しろ!」という記事を読んでインターネットでオダギリジョーを調べたのがきっかけです。
misatoメンズビューティーンのCMクラブでDJ役をやっているようなCMを見て、カッコいい人だなぁと思ったらそれがオダギリさんでした。名前は一応知っていましたが、そのCMの人がそうだとは気がつかず、こんなにカッコいい人だったのかと。その後ドラマを見るようになりました。
けい2005.夏.再放送の『顔』うわ、オダギリジョーってかっこいい! あれ、この人うまいなあ...と云う出会いです(笑) それまで名前は知っていたのですが、オダギリジョーは芸名で、モデル出身の人かと思ってました。
kota2001年秋・さんまさん司会のバラエティ番組-その2家人が見ていたバラエティ番組で紹介されていたオダギリ。「へぇ!これが平成の仮面ライダーなんだ…」とぼ〜っと見ていたのに、準レギュラーのように出てきてはへんてこなコメントしている“ださかわいさ”?がツボでした。
たろ 「サトラレ」の頃から好きでしたが、日本の俳優で一番好きになったのは「あずみ」の美女丸で、です。本人も周囲もファンも、そうは思ってないみたいだけど、彼が、今、美形なのにカメレオン俳優!ゆえに日本映画の最重要人物!と言われてるのは、あの美女丸があったから!と思います。
まとりょクウガ終了後「オダギリジョ〜が役名で五代雄介が役者名」だと思っていたのに逆、しかも本名だと知った時、初めて強く認識しました。当時の私には「花形満」くらいベタな名前に聞こえた。
kozunoなんかのバラエティ番組優香が相手のわからない数人の人とメールをして好みの相手を選んでくみたいので最後に残ったのがジョー君。ご対面で出てきた時、赤いTシャツにジーンズで現れたのに一目ぼれ☆綺麗な体だなぁって思ったのがきっかけ☆
はる日時不明香取慎吾君ファン真っ盛りだった頃(笑)『笑っていいとも!』にCD『t』を宣伝しながらコーナーに参加していた様な・・金髪だった様な・・そんなのが元を正せば初めてオダギリジョーを見た時かも知れません。その時はちっとも眼中に入らずでした(笑)次がたまたま着けていた『嫉妬の香』で車から降りてサキさんに抱き付いているシーンだった様な・・。その時は余りのメロドラマぶりに(笑)着いて行けず、それっきりになっていました(汗)今考えるとなんて勿体無い事をしていたんでしょう私は!
ぴぃ2001「秘密の爆笑問題」金髪のバーテンダー姿。番組が好きで見続けていたら、いつのまにか虜になってました(笑)
なつき2005 某レンタルビデオ店で借りた『顔』名前も顔も知っていたけれど、演技をよく見たことがなかった私が一番最初に意識した作品。元々刑事ものが好きだった私に友達が薦めてくれたのがきっかけ。『顔』を見た途端、ものすごく強烈に残ってそれから出ている作品を片っ端から見ました。見ていくうちに役者オダギリジョーにどっぷりとはまり、今では紹介してくれた友達より詳しくなりました(笑)。
チェリー「メゾン・ド・ヒミコ」最初は犬童監督の作品に興味があって鑑賞したら、オダギリ好きになっていました。
2007年10月07日(日) 19:07:40 Modified by sakurasaku0418




スマートフォン版で見る