エステ家に関するメモ

Federico Gonzaga

  • 生年月日:1500/5/17〜1540/8/28
  • 生まれ:
  • マントヴァ侯爵(のちに公爵1519〜1540)、モンフェラート侯爵(1536〜1540)

  • フランチェスコ2世・ゴンザーガとイザベラ・デステの長男。
  • フランス宮廷と法王庁で教育を受ける。法王庁に預けられた人質だったが、時の法王ユリウス2世がフェデリコのことをいたく気に入った。
    • 1512年、アルフォンソが法王庁に出かけたときに、バチカン内を案内した。
    • 瀕死のユリウス2世の看病を熱心にして、危機を脱した(母親的にはいらんことだったと思う)
    • フランス宮廷ではイザベラは姉のようだと言われていた(若く見えたから)
  • テ宮殿を造営。
    • 1420年にヴェネツィアに愛人を連れて行った。たぶんこれが原因でイザベラはついていかなかった。
    • またの名を、愛欲の館と名づけたくなるようなデコレーションでいっぱい・・・。
  • 1540年に、マルミローロの別荘で、長い間悩まされた梅毒が原因で他界。
  • ママンに対しては複雑な感情を持っている。
    • ママンに反発するのに、同じ性質の女性を愛すると言う、とんでもないマザコン。
  • 父親が他界したときに、ルクレツィアから父の死を悼む手紙を受け取る。
  • イザベラから溺愛されていた。
    • 息子を置いて旅に出るときは手紙の末尾に必ず「私の代わりにキスをしてあげて」と旦那に頼んでた。

このページへのコメント

何でもする。舐めてあげるし。入れてあげる。+.(・∀・).+$ http://gffz.biz/index.html

0
Posted by にゃん 2011年12月10日(土) 06:49:08 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます