エステ家に関するメモ

Guarino da Verona

  • 生年月日:1374〜1460
  • 生まれ:

  • 教育者。
  • リオネッロの先生。
  • フェラーラ大学をグァリーノの塾とまで言われるようにした人物。
  • コンスタンチノープルまで出かけて行って、クリュソロラスの指導の下でギリシア語をものにし、50冊以上のギリシア語の写本を持ち帰る。
    • クリュソロラスは、後95年にフィレンツェに招かれる。
  • 帰国後は、フィレンツェ、ヴェネツィア、ヴェローナなどで教壇に立ち、1429年にフェラーラに腰を落ち着ける。
  • フェラーラでは、グァリーノの学校と呼ばれる私塾を設け、ギリシア語を教えた。
    • ギリシア人の有名講師も呼んで、教鞭をとってもらったり。
    • 文学のみならず、医学者ケルススなどの科学分野の講義も行った。
  • 1391年に開学していたフェラーラ大学の改革に力を注いだ。
    • 従来の、医者、法学者、神学者といったただの専門家を養成するだけではなく、人間形成のための総合教育に主眼を置いた上での専門教育を行った。
    • 道徳哲学、修辞学、歴史、詩、文法学のほかに、ダンスとか水泳とか武術もカリキュラムに入っているし・・・。
  • 能力のある貧しい家の子を支援するため、自宅を開放して共同生活をしたり。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます