Javaでのファイル入出力

■ファイル読込の基本形
1)FileInputStreamのインスタンス生成
FileInputStream fis = new FileInputStream("abc.txt");

2)InputStreamReaderのインスタンス生成
InputStreamReader isr = new InputStreamReader(fis , "MS932");

3)BufferedReaderのインスタンス生成
BufferedReader br = new BufferedReader(isr);

4)一行読込
String str = br.readLine();

5)順に閉じていく
fis.close();
isr.close();
fis.close();


■ファイル出力の基本形
1)FileOutputStreamのインスタンス生成
FileOutputStream fos = new FileOutputStream("abc.txt");

2)OutputStreamWriterのインスタンス生成
OutputStreamWriter osw = new OutputStreamWriter(fos , "MS932");

3)BufferedWriterのインスタンス生成
BufferedWriter bw = new BufferedWriter(osw);

4)一行書き込み
bw.write("あいうえお");

5)順に閉じていく
bw.close();
osw.close();
fos.close();


■各クラスの使用目的
  • バイトデータのまま入出力する場合
 FileInputStream, FileOutputStream

  • 文字エンコーディングをして入出力する場合
 InputStreamReader, OutputStreamWriter

  • バッファリングをして入出力する場合
 BufferedReader, BufferedWriter


■flushについて
  • OutputStream#flush・・・出力ストリームは閉じずに、バッファ内の内容をディスクに書き出す
  • OutputStream#close・・・バッファ内にデータが残っている場合は、ディスクに書き込んでから、出力ストリームを閉じる。


■テキストファイル入出力専用のクラスで、ファイル読込
1)Fileのインスタンス生成
File inFile = new File("abc.txt");

2)FileReaderのインスタンス生成
FileReader in = new FileReader(inFile);

3)データがなくなるまで、1バイトずつ読み込む
int data =0;
while ((data = in.read()) != -1) {
}

4)読込ストリームを閉じる
in.close();


■テキストファイル入出力専用のクラスで、ファイル出力
1)Fileのインスタンス生成
File outFile = new File("xyz.txt");

2)FileWriterのインスタンス生成
FileWriter out = new FileWriter(outFile);

3)1バイトずつ、データを書き込む
out.write(data);

4)書き込みストリームを閉じる
out.close( );


■オブジェクトの入出力
1)FileOutputStreamのインスタンス生成
FileOutputStream outFile = new FileOutputStream("hello.txt");

2)ObjectOutputStreamのインスタンス生成
ObjectOutputStream outObject = new ObjectOutputStream(outFile);

3)HelloクラスをObjectOutputStreamに書き込む
Hello hello = new hello();
outObject.writeObject(hello);
※シリアライズ化されたHelloクラスがhello.txtに書き込まれる。
 ファイルを開いても、文字化けしたものが見えるだけ。

4)出力ストリームを閉じる
outObject.close();
outFile.close();

5)FileInputStreamのインスタンス生成
FileInputStream inFile = new FileInputStream("hello.txt");

6)ObjectInputStreamのインスタンス生成
ObjectInputStream inObject = new ObjectInputStream(inFile);

7)helloクラスを読み込む
Hello exHello = (Hello)inObject.readObject();

8)helloクラスのメソッド呼び出し
exHello.sayHello();

9)入力ストリームを閉じる
inObject.close();
inFile.close();


■ディレクトリを指定して、ファイル出力する場合
FileOutputStream fos = new FileOutputStream("C:\\abc.txt");


■strutsを用いた場合のファイルアップロード
1)JSP:ファイル取込ボタンを付ける
<html:form action="/UpLoadAction" enctype="multipart/form-data">
 <html:file property="upLoadFile" />
 <html:submit property="submit" value="送信"/>
</html:form>

2)ActionForm:フォームファイルクラスを保持する
private FormFile upLoadFile

3)Action:フォームファイルを入力ストリームに連結
FormFile file = upLoadForm.getUpLoadFile();
InputStream is = file.getInputStream();
BufferedInputStream bis = new BufferedInputStream(is);

※最後に、一時領域のアップロードデータを削除
file.destroy();


■Jakarta-Commonsを使用しないファイルアップロード
<form action="fileUploadServlet" enctype="multipart/form-data" method="post">
 ファイル名:<input type="file" name="fileName">
 <input type="submit" value="送信">
</form>
2006年06月09日(金) 22:24:18 Modified by alivealive




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。