JavaScriptオライリー

■文字列
以下はすべてOK
'test'
"abc"
'name="myform"'


■シングルクォーテーションとダブルクォーテーション
以下の形式が一般形
<a href="#" onclick="alert('Thank you')">テスト</a>
※本来、HTMLでは、文字列をダブルクォーテーションで囲む
 そのため、JavaScriptでは、文字列をシングルクォーテーションで囲むようにする


■匿名関数
var square = function(x) {return x*x;}


■未定義値:undefined
以下の場合に発生
\觚世気譴討い覆い發里鮖箸うとした場合

存在しない変数を使おうとした場合
存在しないオブジェクトプロパティを使おうとした場合

∪觚世気譴討い襪、値が設定されていないものを使おうとした場合

値が設定されていない変数を使おうとした場合
 var x;
 alert(x); //undefinedが表示される



■変数のスコープ
.哀蹇璽丱詈竸
▲蹇璽ル変数(関数の中で宣言されたものは、その関数内で有効)
※ブロックレベルのスコープはない


■メモリ割り当て

文字列、オブジェクト、配列を生成するたびに、インタプリタがそれを
 格納するためのメモリを割り当てる

HTMLのロード時に、インタプリタはグローバル変数・関数をメモリに割り当てる

■実行コンテキスト

ウィンドウごと、あるウィンドウのフレームごとに、実行コンテキストは異なる
実行コンテキストは、それぞれ相互参照が可能である


■Windowオブジェクト
Windowオブジェクト
   |---self, parent, top
   |---frames[]
   |---location
   |---document
       |---forms[]-----elements[]
       |---links[]
       |---images[]


■Windowオブジェクトの参照
※スコープチェーンがつながっていれば、参照可能
self.document.forms[0]
parent.frames[0].document.forms[0].elements[3].options[2].text
2006年07月09日(日) 00:07:18 Modified by alivealive




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。