JavaScript基本オブジェクト

#文字列######################################################################
■JavaScriptにおけるエスケープ文字
\' - シングルクォート(')
\" - ダブルクォート(")
\\ - バックスラッシュ(\)
\t - タブ文字
\r - キャリッジリターン(復帰文字)
\n - ニューライン(改行文字)


■文字列の長さを返す
str.length


■部分文字列を取り出す
str.charAt(n)
stのn 番目の文字を返す。

str.substring(from, to)
strのfrom番目〜to番目の文字列を返す。


■文字列の分割・連結する
str.split(sep)
strをsepを区切り文字として分割し、その配列を返す。
 var a = "23:59:59".split(":");
 document.write(a[0] + "時" + a[1] + "分" + a[2] + "秒");

str.concat(str2)
strにstr2を連結した文字列を返す。
 var x = "ABC".concat("DEF");


■特定の文字列を置換する
str.replace(regexp, newStr)
str の内、regexpにマッチする部分を newStrに置き換えたものを返す。
 var x = "This is a pen.".replace("pen", "book");

str.toUpperCase()
strを大文字に変換した文字列を返す。

string.toLowerCase() (e3/N2)
strを小文字に変換した文字列を返す。


■特定の文字列を検索する
str.indexOf(key, from)
strのfrom 番目から後方に検索し、最初にkeyが現れる位置を、見つからない場合は-1を返す
 var x = "ABCABC".indexOf("C", 3); // 5を返す


■正規表現にマッチングする文字列を返す
str.match(regexp)
正規表現regexpに最初にマッチした部分の文字列を返します。
 if ("ABCDEFG".match(/def/i)) {
 }



#真偽値######################################################################
■trueとfalse
  • true :false以外
  • false :0、-0、null、NaN、undefined、空文字("")



#配列########################################################################
■初期化
 var x = new Array();
 var y = new Array(3);
 var z = new Array("Sun", "Mon", "Thu");

■添字に文字列を使用する
 var x = new Array();
 x["Sun"] = "Sunday";
 x["Mon"] = "Monday";


■配列の長さを返す
array.length


■配列同士を連結する
array.concat(array2)
そのまま連結する

array.join(separator)
array の各要素の値を separator で連結した文字列を返す。
 var x = new Array("2000", "12", "31");
 var y = x.join("/"); // yy は "2000/12/31" となる


■配列の要素を並べ替える
array.sort()
 var x = new Array(3, 7, 8, 1);
 x.sort();

array.sort(func)
func で比較関数を指定する。比較関数では、負数、0、正数によって順序を返す。
 function hikaku(a, b){return(b - a);}
 var x = new Array(3, 7, 8, 1);
 x.sort(hikaku);



#日付########################################################################
■初期化
※月は 0〜11 の範囲で指定する。
 var d = new Date(1999, 11, 31);

※時刻を省略した場合は、現在の時刻となる。
 var d = new Date();

■文字列への変換
 var d = new Date();
 d.toString()); //Sun Jul 9 13:58:55 UTC+0900 2006 が表示される

■数値への変換
 var d = new Date();
 d.getTime()); //1152421135560 が表示される



#オブジェクト########################################################################
■クラスの定義方法1
function toStringOfPerson(){
 return (this.name + " / " + this.age);
}
function Person(name, age){//Person クラス
 this.name = name;
 this.age = age;
 this.toString = toStringOfPerson; //文字列が返る
}

■クラスの定義方法2
function Person(name, age) {
 this.name = name;
 this.age = age;
 this.toString = function () {
  return (this.name + " / " + this.age);
 }
}

■クラスの定義方法3
var x = { name: "Suzuki", age: 26 };


■クラスの使用方法
var p1 = new Person("Suzuki", 26);
2006年07月09日(日) 14:41:18 Modified by alivealive




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。