JavaScript基本文法

#JavaScriptの設定######################################################################
■TYPE 属性
<script type="text/javascript">

■src属性
<script type="text/javascript" src="test.js">

■META記述
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">


■URL記述:javascript:で始める
<a href="javascript:alert('Hello!!')">Click Me</a>

■変数の宣言
var x=5; ←変数の型は区別しないので、宣言時にも指定しない

■コメントの書き方
/* コメント */

■大文字と小文字
区別する


#変数##################################################################################
■数値
var a=12345; // 10進数の12345
var b=012; // 8進数の12
var c=0x1b; // 16進数の1B(10進数の27)

■文字列
var str1="あいうえお";
var str2='あいうえお';


#命令文################################################################################
■if文
if(n < 10){

■switch文
switch(n){

■while文
var n = 0;
while (n < 10) {
}

■for文
for(i = 0; i < 10; i++){
}
for(i in navigator){
}
※break、continueも使用可


■with(オブジェクト参照)
with (document) {
 write(bgColor);
}


#イベントハンドラ######################################################################
■イベントハンドラでの複数の関数の呼び出し
onclick="alert('A'); alert('B');"


■関数から、falseを返す
falseが返された場合、本来の動作(リンク、サブミット)が無効になる
<a href="xxx.htm" onclick="return kakunin()">XXX</a>

<form action="">
 <input type="submit" value="OK" onclick="return kakunin('OK');">
</form>


■ 各種イベントハンドラ
.リック時
  • onclick :クリックされた時

▲ー操作時
  • onkeydown :キーが押された時
  • onkeyup :押されたキーが離された時

マウス操作時
  • onmousedown :マウスボタンが押された時
  • onmouseup :マウスボタンが離された時
  • onmouseover :マウスカーソルがそのオブジェクトの上に乗った時
  • onmouseout :マウスカーソルがそのオブジェクトの上から離れた時

ぅ蹇璽瓢
  • onload :ページが読込まれた時
  • onunload :他のページに移動する時

ゥ侫ーカス時
  • onfocus :フォーカスを得た時
  • onblur :フォーカスを失った時

Ε汽屮潺奪隼
  • onsubmit :フォームがサブミットされた時
  • onreset :フォームがリセットされた時

Д侫ーム内容の変更時
  • onchange :フォーム部品の内容が変更された時

┘Εンドウ操作時
  • onresize :ウィンドウがリサイズされた時
  • onmove :ウィンドウが移動された時



#ビルトイン関数######################################################################
■数値変換
parseInt(string)
var x = parseInt("1.99"); // 1 となる
var y = parseInt("abc123"); // NaN となる

■文字コード変換
escape(string) :エンコードする
var str = escape("いろは");

unescape(string) :デコードする
var str = unescape("%82%A2%82%EB%82%CD");


■スクリプト実行
eval(statements) (e3/N2)
statements を JavaScript の構文と解釈して実行し、その結果を返します。
var ans = eval("3 + (6 * 4)");
2006年07月09日(日) 00:07:55 Modified by alivealive




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。