printf

■printfの書式指定文字列
char型: %c 1文字として出力する
int型: %d 10進数で出力する
int型: %x 16進数で出力する
int型: %o 8進数で出力する
long型: %ld long型変数を 10進数で出力する
float型、double型: %f [-]dddd.ddddddの形式で出力する
float型、double型: %e 指数形式で出力する
char型配列: %s 文字列として出力する

■scanfの書式指定文字列
char型: %c 1文字として入力する
int型: %d 10進数で入力する
int型: %x 16進数で入力する
int型: %o 8進数で入力する
long型: %ld long型変数を 10進数で入力する
float型: %f float型変数に実数を入力する
double型: %lf double型変数に実数を入力する ※printfと相違!!
char型配列:%s 文字列を入力する


参考
http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/c/sec05.html
2006年06月27日(火) 23:32:35 Modified by alivealive




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。