6-604 「キャンデー105円」

初糖化。

甘能小説
「キャンデー105円」


ちゅぽちゅぽ・・・ちゅうぅ、ぷはっ。
ぷふ・・・ぺろ、ぺろ、ふぅ。

「なにじっと見てんの、はずかしいじゃない・・・」
「なん、なんとか言いなさいよね・・・!
人をこんな、こんな格好にしといて。
自分ばっっっかり! もぅ」
はい、105円。
「う・・・も、もう好きにすればいいじゃない。
あとこんなのいらないから。
ちゃんと、いっぱいやさしくしてくれればいいか(ぎゅっ)、あ、」
(なでなで)
「?! ふぅぅっ?!
だだだ駄目だってば!
そこ、うぅ、そこは・・・はぁぅぅ・・・ダメ、ダメ、とけちゃとけゆぅぅあああ!
あ!、ああ!!」
あーあ。
また、とも溶けちゃった。

(終)
2009年10月28日(水) 20:44:32 Modified by amae_girl




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。