6-892 歯医者ねた

「今日は前回見つかった虫歯の治療ですね。では削りますよ」
(近!顔近い!体乗り出し過ぎだろ!あぁでも仄かにいい匂いが……痛だだだだだだ!!)
「痛いですか?腕で私を抱き締めて我慢して下さい」
(うわ、細い…それなのに柔らか…痛だだだだだだ!!)
「はい、終わりました。頑張ったのでぎゅっとしてあげます」
(うお、伝説のぱふぱふ再び…!)
「ではうがいするので口を開けて下さい。よいしょ、と」
「ガラガラガラ…ペッ」
「では今日はこれで終了です。最後に私をぎゅっとして撫で撫でして下さいね」
「あの…他の人にもこんなことさせてるんですか?」
「…?何故ですか?」
「ほら、前に『貴方のような人が相手だと』と」
「ああ、それですか。嘘ですよ」
「え!?」
「本当は貴方だけです。くっつくと集中できるのは嘘じゃないですが」
(そっちは本当なんだ…)
「あ、来週続きをするのでまた来て下さいね」
「次で終わりですか?」
「いいえ。だから再来週もその次の週も来て下さい」
「…いつまでですか?」
「ずっと、です。あ、それよりぎゅっとして撫で撫でしてちゅーして下さい」
「また増えてません?」
「気のせいです」
2009年10月28日(水) 21:35:33 Modified by amae_girl




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。