知的ネット社会「アテネの学堂」の構築を促進するためのwikiです。

このwikiは知的ネット社会「アテネの学堂」の構築を促進するためのwikiです。


「アテネの学堂」とは何ですか?


「アテネの学堂」の大ざっぱな定義は、「主にインターネットを介して知的で生産的な行為をする人々と、そのような行為を支援する仕組みなどの集合体」です。

2009年 6月 3日に、海部美知氏が「(バーチャル・)アテネの学堂」という表現を生みだし、その後、ネット世界において使用されるようになりました。

このwikiの目的は何ですか?


このwikiの目的は、「アテネの学堂」が確固として存在する状態を実現することです。

すなわち、本wikiにおいて理想とする状態は、世間一般の人々が(ネット普及率並みの人口が)、「アテネの学堂」の存在と利用・参加について以下にあげる認識をもっている状態です。
  • 認識1: ネット世界に、知的かつ生産的で、問題解決を担える部分「アテネの学堂」が存在すること。
  • 認識2: ネットに接続できれば、「アテネの学堂」を観測することができるということ。
  • 認識3: ネットに接続できれば、知的かつ生産的な行為によって、「アテネの学堂」に参加することができるということ。

「アテネの学堂」の構築はしないのですか?


「アテネの学堂」が、(1)「知的で生産的な行為をする人々」と、(2)「そのような行為を支援する仕組み」からなると仮定します。

このwikiにおいて、(2)の仕組みを構築し運営することはありません。

ただし、(2)の仕組みにとって、有益な「場所」になれます。以下のような点において、有益な「場所」になれます。

  • そのような仕組みを紹介して、玉石混合のネット世界に埋もれないようにすること。
  • そのような仕組みを新たにつくろうとする人による情報発信に助力すること。

このwikiは「場所」であって、「行動主体」ではありません。「行動主体」は人です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます