Wiki内検索
目次
初めに
投稿規定
情報提供のお願い
作品データ
完全版とコンチネンタル版
シナリオ
元ネタ集

新着記事
 6月12日 死ぬまでに観たい映画1001本
 5月01日 ダニエル・マイリック
 4月30日 CUT 2006-5
 4月07日 永千絵
 4月07日 森卓也

批評・発表年順
 1980年 9記事
 1981年 3記事+9
 1982年 0記事+1
 1983年 1記事
 1984年 1記事
 1985年 1記事
 1986年 0記事
 1987年 0記事
 1988年 3記事+1
 1989年 1記事
 1990年 2記事
 1991年 1記事
 1992年 0記事
 1993年 2記事
 1994年 0記事
 1995年 1記事
 1996年 2記事
 1997年 0記事+1
 1998年 1記事
 1999年 4記事+5
 2000年 2記事
 2001年 0記事+1
 2002年 2記事
 2003年 2記事
 2004年 0記事
 2005年 6記事
 2006年 2記事
 2007年 2記事

トリビア
リンク
タグ
最近更新したページ

ダニエル・マイリック CUT 2006年5月


■あの人はこう語る

 今回のCUTのランキングには、いくつか有名人のコメントがついている。『シャイニング』について語っているのは、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の監督、ダニエル・マイリック。
 僕にインスピレーションを与えた映画のトップに挙げられるのが、この映画なんだ。撮影、そして優雅さ、それに様々なものが重厚な層になって、複合的な効果を上げているところがこの映画の素晴らしいところだね。最近は、怖いポイントがあらかじめ紙の上に書かれてなくて、観客がどこで飛び上がるかスタジオの重役にちゃんとわからない映画は、猊櫃ない瓩噺なされてしまうんだけど、『シャイニング』は、そういう傾向に対する素晴らしい反論になってるんだ。たとえば脚本には爛メラ、三輪車でホテルの廊下を走り回る少年を追う瓩箸世噂颪れてたと思うんだよね。これって紙の上だとちっとも怖くないけど、スクリーンで観るとゾッとするほど恐ろしくて、映画史上最も忘れられない映像のひとつになってるんだ。キューブリックの才能の成せる業だよ。彼が画面に投入する微妙な陰影や特異さのせいで、観客は絶えず怯えてるわけ。ずっと落ち着かないんだ。
2006年05月01日(月) 13:53:52 Modified by badsboss




スマートフォン版で見る