伊福部昭の年表と作品のデータベース。暫時更新中。編集は不可能としているので、データの誤りなどありましたらコメントでご一報ください。

「[1930年]ストラヴィンスキーの《春の祭典》を聴き、オーケストラ作品の創作にも手を染める」(豊田)

「[1928年]ストラヴィンスキーの《春の祭典》に共感してオーケストラ作品を書き始める」(相良,p286)

『やはりその当時(引用者註:おそらく札幌ニ中時代)に聴いたのが、イゴール・ストラヴィンスキーの『火の鳥』や『ペトルーシュカ』『春の祭典』。それから北大時代にかけて、ラヴェルの『ダフニスとクロエ』や、ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』といったところを次々に聴いていくわけです。』(木部,1997,p92)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
伊福部昭データベース
伊福部昭の年表と作品のデータベース。暫時更新中。
当初「二次文献による伊福部昭wiki」と題して二次文献の調査を進めておりましたが、二次文献がほぼ網羅できましたので、現在一次文献を基にデータを更新しています。