プログラミング系のネタをまとめていきます。

必要なもの

  • アドオンディレクトリ
  • bl_info 変数
  • register() / unregister() 定義

bl_info


bl_info = {
    "name": "My Script",													# スクリプト名。アドオンメニューに表示される。
    "description": "Single line explaining what this script exactly does.",	# 説明。
    "author": "John Doe, Jane Doe",											# 作成者
    "version": (1, 0),														# このアドオンスクリプトのバージョン
    "blender": (2, 65, 0),													# 実行可能な最低のBlenderバージョン。例では Blender2.65
    "location": "View3D > Add > Mesh",										# メニューの場所の説明?
    "warning": "", # used for warning icon and text in addons panel			# 警告アイコンとテキスト。バグやエラーが発生した時に表示される。
    "wiki_url": "http://wiki.blender.org/index.php/Extensions:2.5/Py/"		# wiki URL
                "Scripts/My_Script",
    "category": "Add Mesh"}													# スクリプトのカテゴリ。定義されているカテゴリを選択。

register() / unregister()


# 登録
def register():
    bpy.utils.register_class(OBJECT_sample)				# オペレータクラスを登録
    bpy.types.VIEW3D_MT_object.append(sample_button)	# ボタンを登録

# 解除
def unregister():
    bpy.utils.unregister_class(OBJECT_sample)			# オペレータクラスを解除
    bpy.types.VIEW3D_MT_object.remove(sample_button)	# ボタンを解除

if __name__ == "__main__":
    register()

オペレータクラス


class OBJECT_sample(bpy.types.Operator):
    """Sample Operator"""
    bl_idname = "object.sample"
    bl_label = "Sample"
    bl_options = {'REGISTER'}
    
    def execute(self, context):    #オペレータが呼び出されたとき、この関数が実行されます
        print("Sample message")
        return {'FINISHED'}

ボタン定義


def sample_button(self, context):
    self.layout.operator(
        OBJECT_sample.bl_idname,
        text="Sample")

タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メインコンテンツ

プログラミング

機器

Macツール

各種情報

Wiki内検索

おまかせリンク

Androidアプリ

AdSense

技術書


管理人/副管理人のみ編集できます