プログラミング系のネタをまとめていきます。

wsfファイル


wsfファイルを利用して、jsファイルの再利用(外部のjsファイルを読み込んで実行)ができます。


●date_util.js

// 日時を YYYYMMDD_HHmmss の形式で返す
function getDateString()
{
	var date = new Date();
	var num;
	
	var str = date.getFullYear().toString();
	num = date.getMonth()+1;
	str += (num < 10 ? "0" : "") + num.toString();
	num = date.getDate();
	str += (num < 10 ? "0" : "") + num.toString() + "_";
	num = date.getHours();
	str += (num < 10 ? "0" : "") + num.toString();
	num = date.getMinutes();
	str += (num < 10 ? "0" : "") + num.toString();
	num = date.getSeconds();
	str += (num < 10 ? "0" : "") + num.toString();

	return str;
}


●output_date.wsf

<package>

    <job id="output_date_str">
        <script language="JScript" src="./date_util.js"></script>
        <script language="JScript">
            WScript.Echo(getDateString());
        </script>
    </job>

</package>


●実行

> cscript output_date.wsf
20140420_005900

引数でjobを指定する方法。
job指定がない場合は、一つ目のjobが実行される。
> cscript output_date.wsf //job:output_date_str


タグ


タグ説明
<?job?>
<?XML?>
<package>パッケージ。複数のjobを登録できる。
<job>実行単位。実行時にidを指定して、必要なjobを実行する。id無しの場合、一つ目のjobが実行される。
<script>開始、終了タグの間にスクリプトを記述する。
language:JScript/VBScript
src:外部のスクリプトファイル
<runtime>
<description>
<example>
<usage>
<named>スクリプトへ渡す、名前付き引数の指定。
<unnamed>スクリプトへ渡す、名前無し引数の指定。
<object>
<reference>
<resource>
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メインコンテンツ

プログラミング

機器

Macツール

各種情報

Wiki内検索

おまかせリンク

Androidアプリ

AdSense

技術書


管理人/副管理人のみ編集できます