作曲家・多田武彦〔通称・タダタケ〕のデータベース。

日本民謡による男声合唱組曲「日本の舟歌」

日本の舟歌にほんのふなうた素材元地方速度調性拍子備考
1舟漕ぎ流し歌フネコギナガシウタ北海道4分音符=約104ト短調2/4
2天竜川舟歌テンリュウガワフナウタ長野県4分音符=約54イ短調4/4
3秋田船方節アキタフナカタブシ秋田県4分音符=約98ト短調4/4
4音戸の舟歌オンドノフナウタ広島県4分音符=約52ハ短調3/4Bar. or Bass Solo, Tenor Solo
5石巻舟歌イシノマキフナウタ宮城県4分音符=約80ハ短調2/4

作品データ

作品番号:T40:M35n
作曲年月日:1976年11月18日
崇徳高校グリークラブによる委嘱

初演データ

初演団体:崇徳高校グリークラブ・広島オルフェオン合同
初演指揮者:天野守信
初演年月日:1977年9月14日
第7回崇徳高等学校グリークラブ定期演奏会(於広島郵便貯金会館ホール)

楽譜・音源データ


日本民謡による男声合唱組曲「日本の舟歌」

作品について

日本各地に伝わる「舟歌」を、男声合唱のために再構築したコンポジションです。
原曲のイメージを損なうことなく、無伴奏男声合唱の魅力を最大限引き出したこの作品は、一連のタダタケ作品とは趣を異にしていて新鮮に感じられることでしょう。
1976年に崇徳高等学校グリークラブの委嘱によって作曲されたものを、今回の出版にあたって一部改訂しています。(パナムジカ新刊案内より)

リンク

動画

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます