経済オンチからの脱出。いまさら聞けない経済・金融・マネー用語。

世の中に出回っているお金の流通量のこと。通貨供給量とも呼ぶ。一般の事業会社、個人、地方公共団体などが保有しているお金の合計で、国や金融機関が持っている現金は除く。
マネーサプライは景気を見るのに重要な指標であり、毎月、日本銀行が調査・発表している。

☆マネーサプライの種類
M1(エムワン)・・・現金通貨と預金通貨の合計
M2(エムツー)・・・M1と準通貨(定期預金など)の合計
M3(エムスリー)・・・M2に郵便局、農協、信用組合などの預貯金の合計

一般的に、マネーサプライと言うときは「M2+CD」を指す。CD(譲渡性預金)とは、預金証書を市場で売買できる、金利が自由な定期預金のこと。つまり、一般にマネーサプライとは「現金通貨」「預金通貨」「定期性預金」「譲渡性預金」の合計である。
景気がいい時は、企業が銀行から多くの借り入れを行うのでマネーサプライは上昇する。ただ、お金の量が増えすぎると、インフレを起こしてしまう。日本銀行は、金利を上げたり下げたりといった金融政策により、マネーサプライを適正水準に保とうと調整している。

このページへのコメント

p75yJa <a href="http://zrbzjttfupoa.com/">zrbzjttfupoa</a>, [url=http://hcbsmkprkbbg.com/]hcbsmkprkbbg[/url], [link=http://jtiasmyayugx.com/]jtiasmyayugx[/link], http://pvgwjoscrvot.com/

0
Posted by eauvoulj 2013年11月15日(金) 08:20:46 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

アクセスカウンター

無料カウンター

編集にはIDが必要です