履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

問1

(1)5.14.16.7
(2)
(I)
仝蹇О貳未烹味腺裡丕硲戮蓮效撒離接続用】、WANPHYは【長距離接続用】の規格とされている
誤:LANPHYは10GBASE−Xファミリー及び【10GBASE−R】ファミリーに、WANPHYは10GBASE−Wファミリーに分類できる

じ蹇А擅隠娃韮贈腺咤邸檻廖曠侫.潺蝓爾任蓮■咤錬裡釘圈殖咤庁箸鰺僂い薪疏システムとの接続性が考慮されている。そのため、実行ビットレートは、【10GBASE−R】ファミリーより数(%)低くなっている
ジ蹇В院ィ界味蹉1.5μm
(II)




ジ蹇В僑苅臓殖僑僑舵箙羃淑式では、ヘッダ情報に対してはスクランブルをしていない。データ情報に対してはスクランブルしている。
(3)
(I)



じ蹇Ч柔要素:プロキシサーバ、リダイレクトサーバ、登録サーバ、ロケーションサーバに分けられる
(II)
仝蹇Дライアントからサーバに要求するリクエストメッセージのメソッドには、INVITE、ACK、BYEなどがある。【NACKはない】
誤:クライアントとSIPサーバとの間のセッションを確立するリクエストメッセージのメソッドには【INVITE】が用いられ、SIPサーバと接続先端末との間のセッションを確立するメソッドにはINVITEが用いられる。
8蹇В稗裡孱稗圍鼎虜能レスポンスの受信を確認するリクエストメッセージのメソッドにはACKが用いられ、通信相手の能力を問い合わせるメソッドには【OPTIONS】が用いられる。

問2

(1)12,6,3,13
(2)
(顱

誤波長分割多重伝送方式に用いられる光信号の波長は、Lバンド、Cバンド、Sバンド等に分類される。石英系光ファイバの場合は、一般に、前記した三つのバンドの中で波長が最も長いため伝送損失が最も小さい1.55μm帯を含む【Cバンド】が用いられている。



(髻
A 誤:光増幅器は、光ファイバ増幅器と半導体光増幅器に大別することができる。【光ファイバ増幅器のエルビウム添加光ファイバー増幅器(EDFA)】は、【半導体光増幅器】と比較して低雑音であり、偏波依存性がないなどの利点を有する。
B 正
C 正

(3)
(顱
仝蹇Ю偉回路とは、交流を直流に変換する回路のことであり、直流を交流に変換する【逆変換回路】に対して、【順変換回路】ともいわれる。



(髻
A誤:【コンバータ】は、直流入力電圧を異なる直流電圧に変換する装置である。デジタル交換機などでは、電子回路のほとんどが動作電源として多種類の低電圧の電源を必要とし、これらの電子回路に直流電圧を供給するため【コンバータ】が用いられる。
B誤:【インバータ】は、直流入力電力を交流電力に変換する装置である。無停電交流電源装置(UPS)は、一般に、交流電力を一旦直流電力に変換し、蓄電池に接続した後に、直流電力を【インバータ】で変換し、低電圧で低周波数の交流電力を出力する方式を採っている。
C正 

問3

(1)11,9,15,3
(2)
(顱
仝蹇А撻蹈奪函曚蓮等しい条件下で生産され、又は生産されたと思われる品物の集まりをいう。
誤:【単位体】とは、個数で数えることができるように、一つ一つが明確に分かれているものをいう。
8蹇А攅膤福曚箸蓮▲丱奪繊▲蹈奪函∪宿覆筌機璽咼垢合格基準を満足するという判定をいう。
じ蹇А攸歓検査】とは、製品又はサービスのすべてのアイテムに対して行う検査をいい、間接検査とは、購入検査で、供給者が行った検査結果を必要に応じて確認することによって、購入者の試験を省略する検査。


(髻


8蹇А擇个蕕弔】とは、観測値・測定結果の大きさがそろっていないこと。又は不ぞろいの程度をいい、【ばらつき】の大きさを表すには、【標準偏差】などを用いる。



(3)
(顱
仝蹇符号誤りが散発的に発生する現象はランダム誤りといわれ、ランダム誤りは、一般に、【受信機の熱雑音】などにより発生する。
ランダム誤り:送信した個々のビットに独立して発生する誤りで、主として受信機の熱雑音によって引き起こされる
バースト誤り:部分的に集中して発生する誤りで、主としてフェージングによって引き起こされる
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/r...
誤:通信状態にある回線が一時的に信号を正しく伝送できなくなる現象は瞬断といわれ、瞬断は、一般に、【システムや伝送ルートの切り替え動作、同期外れ等により】発生する。

じ蹇Д僖襯肯鵑琉盟蠅【長期的変動する】現象で、揺らぎの周波数が10〔Hz〕【未満】である場合はワンダといわれ、再生中継を行う際にタイミングパルスを抽出する回路などで発生する。

(髻


8蹇В吋咼奪箸良箙羝蹐蠅気┐盖容されないサービスを提供するデジタル伝送路の品質の評価には【%ES】が適しており、符号誤りが集中して発生するデジタル伝送路の品質の評価には【%SES】が適している。

問4

(1)6,8,12,9
(2)
(顱
A 正
B 誤:非修理系アイテムの偶発故障気における故障率は、一般に、【一定である】。
C 正

(髻

誤:IFR型は、部品の摩耗など、システムの老朽化の兆候が現れる段階の故障率のパターンであり、故障を未然に防ぐための有効な手段としては、【予防保全】がある。


(3)
(I)
(II)

問5

(2)
\機
∪機
8蹇Д譽戰詈けは一般に、企業の大小、業態によってわけられる
だ機

(3)
A:正
B:正
C:誤 SPF / Sender IDとDKIMの説明が逆

(4)
\機
∪機
正:
じ蹇Ш絞解読法や線形解読法は、共通鍵暗号の解読手法
ダ機

(5)
仝蹇Д轡哀優船礇戞璽垢慮|里鮃圓Γ稗庁咾任蓮▲罅璽供▲曠好函▲優奪肇錙璽接続、アプリケーションなどについての正常な挙動をプロファイルによって管理している。プロファイルは通常の活動内容の特徴を一定期間にわたって監視することにより作成される。
不正侵入検知システムは大きく分けて2つ。
ネットワーク型IDSとホスト型IDS
シグネチャは既知の不正侵入や攻撃パターンを追加していく
アノマリは正常パターンを設定し、それ以外の通信を全て検知

8蹇А撻薀鵐疋▲織奪】に対してシグネチャベースの検知を行う場合、攻撃に用いられるパケットの送信元IPアドレスと送信先IPアドレスが攻撃対象のIPアドレスと同一であることをシグネチャとして利用する。
じ蹇А撻好沺璽侫▲織奪】に対してシグネチャベースの検知を行う場合、攻撃に用いられるパケットの送信元IPアドレスは攻撃対象のIPアドレスと同一であり、かつ、送信先IPアドレスは攻撃対象が所属するネットワークのブロードキャストアドレスであることをシグネチャとして利用する。

スマーフアタックは送信元IPアドレスを改ざんし、大量のエコー要求を送信し、大量のエコー応答が送り付けられる攻撃であるが、シグネチャベースの検知を行う場合、送信元IPアドレスは攻撃対象のIPアドレスと同一であり、かつ、送信先IPアドレスは攻撃対象が所属するネットワークのブロードキャストアドレスであることをシグネチャとして利用する。

また、ランドアタックは、ルータが宛先IPアドレスだけを参照してパケットを転送する仕組みを悪用し、ターゲットとなるサーバに攻撃するもので、このような攻撃に対してシグネチャベースの検知を行う場合、パケットの送信元IPアドレスは攻撃対象のIPアドレスと同一であることをシグネチャとして利用する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます