銅金裕司の作品、活動、プロジェクト、考えていることについて(Garden of Cyrus、サイラスの庭、アート、芸術、庭、ガーデン、植物、花、虫、鳥、緑、グリーン、バイオ、バイオアート、bio art、バイオロジー、環境、環境問題、二酸化炭素、co2、オフセット、生態、生態系、エコ、エコロジー、環境芸術、ecology,植物の音楽、植物の声、植物の音、花の声、花の音楽、花の音、音楽、声、リズム、plant、music、voice、植物生体電位,植物とのコミュニケーション,世界、世界の声、ルグィン、世界劇場、存在の大いなる連鎖、イエーツ、ワールブルグ、マニエリスム、魔術、伊藤若冲、石峰寺、動植綵絵、海洋学、海洋、機械、ネットワーク、コンピューター、植物、花、トロン、マック、マッキントッシュ、SE、SE30、脳波、ロボット、ロボットとは何か、電位、FFT、スペクトル、midi、プラントロン、plantron、心、感情、精神、知恵、マインド、認知心理、アフォーダンス、カオス、複雑系、非線形、振動、振動子、内部観測、オートポイエーシス、植物の心、植物の精神、植物の知恵、記憶、徴候、庭、ガーデン、シアター、園芸、園芸文化、花文化、花、箱庭、ラン、orchid、ランの進化、ランの戦略、リゾーム、プルースト、バタイユ、文学、マラルメ、リラダン、ポー、ボルヘス、ナボコフ、アーダ、ユリイカ、メルヴィル、稲垣足穂、中井英夫、椿実、澁澤龍彦、yuji dogane(銅金裕司/メディアアーティスト))

3羽のカナリア 

赤い1羽は老齢(11歳)の歌の伝導師です。この鳥を先生として、若鳥2羽(それぞれ神戸、世田谷IID在)がネットを介して歌を学びます。また、若鳥同士は競い、歌合わせをしています。

2羽のセイオウチョウ 

前記3羽と、異種になりますが、歌合せをすることになります。こうして5羽のカナリアの歌が連鎖します。みなさんの声にあわせて歌うかもしれません。

ラン(パフィオペディラム)とミツバチ 

ランと蜂は非常に不思議な関係があります。映像の蜂は、巣分かれし、そのとき、なぜかある種のランに我を忘れたように引き寄せられます。私は、ランの生体電位と蜂の振動の関連を想像しますが、一体化すると全体が振動し、歌うようにランの周りに大きな集団を形成します。先年、巣分かれが予期されるミツバチの巣と群を見つけ、私が人為的にランを置き、この様子をほんの2時間ほど現出させました。そして、次回、展示しているアジア産のラン(パフィオペディラム)でも、再度、挑戦してみようと思っています。

以上のように、この5月という時期は、はっきり感じにくいものですが、花や蟲や鳥が互いに振動し、歌を歌い合わせているように思います。













・・・・・
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA

ご連絡は

dougane@gmail.com
銅金裕司


全部:
昨日:
今日:

・・・

管理人/副管理人のみ編集できます