銅金裕司の作品、活動、プロジェクト、考えていることについて(Garden of Cyrus、サイラスの庭、アート、芸術、庭、ガーデン、植物、花、虫、鳥、緑、グリーン、バイオ、バイオアート、bio art、バイオロジー、環境、環境問題、二酸化炭素、co2、オフセット、生態、生態系、エコ、エコロジー、環境芸術、ecology,植物の音楽、植物の声、植物の音、花の声、花の音楽、花の音、音楽、声、リズム、plant、music、voice、植物生体電位,植物とのコミュニケーション,世界、世界の声、ルグィン、世界劇場、存在の大いなる連鎖、イエーツ、ワールブルグ、マニエリスム、魔術、伊藤若冲、石峰寺、動植綵絵、海洋学、海洋、機械、ネットワーク、コンピューター、植物、花、トロン、マック、マッキントッシュ、SE、SE30、脳波、ロボット、ロボットとは何か、電位、FFT、スペクトル、midi、プラントロン、plantron、心、感情、精神、知恵、マインド、認知心理、アフォーダンス、カオス、複雑系、非線形、振動、振動子、内部観測、オートポイエーシス、植物の心、植物の精神、植物の知恵、記憶、徴候、庭、ガーデン、シアター、園芸、園芸文化、花文化、花、箱庭、ラン、orchid、ランの進化、ランの戦略、リゾーム、プルースト、バタイユ、文学、マラルメ、リラダン、ポー、ボルヘス、ナボコフ、アーダ、ユリイカ、メルヴィル、稲垣足穂、中井英夫、椿実、澁澤龍彦、yuji dogane(銅金裕司/メディアアーティスト))



beauty music 美容音楽 

                       
来場すると、あなたは両手に銀の手袋をはめる。
あなたは鏡の前に座って、頬に両手をあてて、頬杖をついて眼をつぶる。
そしてまず、あなたは心を静かにして、まるで植物になったかのような気分を想像する。それから自由に連想をはじめる。
この状況であなたの両方の頬からの生体電位を測り、その生体電位で、音楽が生成される。銀の手袋から採取したあなたの生体電位はだれのものとも違い、個性的で、自分だけの表現である。これは、十人十色で、しかも精度よく採取できる。そして、脳波を反映している印象が強い。というわけで、あなたの精神の状態が頬の生体電位に影響を与えて、それが、あなたの肌の状態になり、それが音楽に変換され、あなただけの音楽が自らの美容にどのように影響を与えるか、というコンセプトである。とはいえ、現実は、あくまでも、あなたの肌の様子が知れるだけである。たぶん、beauty music が美しいときは、あなたの身体も元気ハツラツであり、ブルーなときは静謐な音楽を奏でるだろう。
そこで、心と精神のもちようで、明日への活力が生まれ、その音楽がひいては美容に貢献するだろうと想像している。しかし、まだ実績が少なすぎる。この展示はその実験も兼ねることになるだろう。そして、自分の皮膚が奏でる音楽をじっくり聞き込んで、そこから、心に湧いて出てくる自分らしいイメージと、それに伴う美しい音楽を奏でるように試みること。曇りのない眼で世界を見る訓練にもなるだろう。確かに音楽は人の精神をどこかに連れて行ってくれるが、音楽の重要さは聞くだけではなく、心と精神で奏でてみることだと思う。
さて、肌や皮膚の活性化を考えるとき、もともと肌や皮膚は脳の一部であったということを思い出したい。正しく言うと同じ根っこに脳と皮膚は由来している。そのおおもとが2つに分かれ、一方は脳に、一方は皮膚になってゆく。これは、発生生理学で明らかにされている。人の脳は主体となり感情を持ち、意識を持ち、理性を持つにいたった。一方、皮膚はどうだろうか?それは植物的で、原始的に思える。しかし、五感とか気配などというものは皮膚感覚に属するだろう。すなわち、肌を活性化し、五感を研ぎ澄ませることは、もしかしたら、思い込みが激しく堂々巡りを繰り返す現代人の脳をリセットして、意識や理性の向こうにある新しい精神を生み出すのに好適かもしれない。
beauty music は、聞いただけでは美しくはなれない。よくある環境音楽やイージーリスニングではない。そうではなく、beauty music は自らの肌と美しくなりたいという願望とが奏でる音楽である。
















*****
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA

ご連絡は

dougane@gmail.com
銅金裕司


全部:
昨日:
今日:

・・・

管理人/副管理人のみ編集できます