銅金裕司の作品、活動、プロジェクト、考えていることについて(Garden of Cyrus、サイラスの庭、アート、芸術、庭、ガーデン、植物、花、虫、鳥、緑、グリーン、バイオ、バイオアート、bio art、バイオロジー、環境、環境問題、二酸化炭素、co2、オフセット、生態、生態系、エコ、エコロジー、環境芸術、ecology,植物の音楽、植物の声、植物の音、花の声、花の音楽、花の音、音楽、声、リズム、plant、music、voice、植物生体電位,植物とのコミュニケーション,世界、世界の声、ルグィン、世界劇場、存在の大いなる連鎖、イエーツ、ワールブルグ、マニエリスム、魔術、伊藤若冲、石峰寺、動植綵絵、海洋学、海洋、機械、ネットワーク、コンピューター、植物、花、トロン、マック、マッキントッシュ、SE、SE30、脳波、ロボット、ロボットとは何か、電位、FFT、スペクトル、midi、プラントロン、plantron、心、感情、精神、知恵、マインド、認知心理、アフォーダンス、カオス、複雑系、非線形、振動、振動子、内部観測、オートポイエーシス、植物の心、植物の精神、植物の知恵、記憶、徴候、庭、ガーデン、シアター、園芸、園芸文化、花文化、花、箱庭、ラン、orchid、ランの進化、ランの戦略、リゾーム、プルースト、バタイユ、文学、マラルメ、リラダン、ポー、ボルヘス、ナボコフ、アーダ、ユリイカ、メルヴィル、稲垣足穂、中井英夫、椿実、澁澤龍彦、yuji dogane(銅金裕司/メディアアーティスト))

銅金裕司

メディアアーティスト

銅金裕司

メディアアーティスト

神戸市生まれ。兵庫県立兵庫高等学校卒業。海洋学を修めた後、園芸に転向し千葉大学大学院博士課程修了。
東京芸術大学で10年、独自な観点で創発について講ずる。 脱領域的な試みに挑戦しつつ、メディアアートで美術館、ギャラリーなどで作品展示、ワークショップ多数。藤幡正樹と藤枝守とコラボレート作品多数。ラン科植物の園芸的研究で学位を収めるも、最近はランと昆虫の関係をランと人との関係に見立て、若い頃愛読したナボコフやルーセルに回帰しつつ、新たな作家活動に向かう。奇しくも郡司ペギオ幸夫と交流することとなり、ある種の機械を構想中。

学術博士 Ph.D(植物生理学、園芸学)、工学修士(海洋学)
京都造形芸術大学教授 
東京芸術大学先端芸術表現学科非常勤講師

2000年以降の主な展覧会に
2000年1月「生命の析出する海辺?」CAS(東京SOLと同時開催)大阪
2000年1月「生命の析出する海辺?」SOL(大阪CASと同時開催)東京
2000年4月「人々プラントロン」淡路国際園芸博覧会 兵庫
2001年11月「オーキソイド2001」ロボット・ミーム展〜ロボットは文化の遺伝子を運ぶか?〜(日本科学未来館)東京
2003年7月「プラントロン」グリーンスペース展 東京藝術大学・ワイマールバウハウス大学交流展 ドイツ
2003年10月「オーキソイド2003」人とロボット展(パリ日本文化会館)フランス
2003年12月「耳の庭」アートパス展 東京藝術大学
2004年3月 「voice plantron2004」OSAKA 04春・花・生 21世紀の芸術と生命の交差 大阪府現代美術館CASO
2004年4月 DIVA展 「耳の庭」東京工業大学  
2004年9月「プラントロン&受胎振動2004」 セントラルイースト東京
2004年10月「オーキソイド2004」「人、場所、共存」(金沢21世紀美術館企画展示)
2004年10月「受胎振動2004in 心斎橋」stay with art ホテルTPOINT
2004年12月「植物カメラ」新花論 東京都写真美術館
2005年1月 「受胎振動2005in ASK」art space kimura ASK?
2005年6月 「受胎振動2005in TAP」取手アートプロジェクトサテライトスタジオ
2006年1月 「美容音楽」art space kimura ASK?
2006年5月  花、蟲、鳥の声 展 世田谷ものつくり学校
2007年7月  森のなかで 和歌山県立近代美術館ほか 
2007年11月 サイレントダイアローグ NTT ICC
2008年3月  生と死の半分あるいは「manuality」@ASK?2008 art space kimura ASK?
2008年6月  CO2キャッチャー展 ギャラリーO2
2008年10月 エロ、エゴあるいはエコ・サピエンス展@ASK?2008 art space kimura ASK?
2009年 2月 paphio in my life 三菱地所アルティアム
2009 年 3月  プラントロン2009 沖縄海洋博ドリームセンター
2009年 6月 六本目の指 gallery B37
2010年 1月 六本目の指 @ASK?2010 art space kimura ASK?
2010年 2月  金魚のエルゴート仮説 知覚の扉展 豊田市美術館
2010  9月  プラントロン2010 ロッコーミーツアート展 六甲山 
2011年 1月  シルトの岸辺 @ASK?2008 art space kimura ASK?

作品とプロジェクトは

連絡先



÷÷÷÷÷÷
÷÷÷÷÷÷
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA

ご連絡は

dougane@gmail.com
銅金裕司


全部:
昨日:
今日:

・・・

管理人/副管理人のみ編集できます