【○○バーグ】

IIIでインディアンと商人が提携して作った街。現実世界でいうとアメリカのボストンあたりか。
ゲーム中での正確な名前は「(商人の名前)バーグ」となる。
最初は森に囲まれたただの原っぱだが、ここに街を作ろうというインディアンの爺さんに商人をくれと頼まれる。
商人を届けると、ストーリーの進行に従って自動的に街が発展してゆく。
VIIやリメIVで登場する移民の街の原型のようなもの(移民の街でも名前候補に○○バーグがある)。
当初は順調に街は発展する。女商人も「こんなに太ってしまいましたよわっはっは。」とおっさんのグラフィックになってしまうぐらい発展する(FC版のみ)が、次第に商人の統治に不満を持つ者が出てくるようになり、クーデターが起こされる。
このクーデターは夜に店の裏で話し合っている様子を聞かないとフラグが立たず、街を出たり入ったりしているだけでは進まないので注意。
クーデターが起こると哀れ商人は牢屋に幽閉されてしまう。しかし勇者には自分が手に入れて隠しておいたイエローオーブの場所を教えてくれる。このイエローオーブはクリアに必須なので、商人は絶対に必要。
つまりIIIでの純粋な勇者一人旅は不可能ということになる。
FC版では幽閉された商人はパーティに復帰しないので注意。ルイーダで嫌いな奴の名前でLv1商人を製造し、そのまま牢屋にぶち込んでおこう。
またリメイク版では発展途中の街中の拾得物、特に小さなメダルは取り逃しやすいの注意しよう。
2007年01月12日(金) 00:51:14 Modified by evillord666




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。