【ベビーパンサー】

Vを語る上では欠かせないモンスター。通常モンスターとしてもレヌール城周辺などにも登場する。アルカパで近所の子供達にいじめられていたがビアンカと主人公がレヌール城のお化け退治をしてきたことで解放され、この後古代の遺跡まで主人公は仲間として連れて行くことになる。地獄の殺し屋と呼ばれるキラーパンサーの子が人に懐くというのは本来あり得ないことで、主人公とビアンカには懐くということはこの二人がただの人間ではないことを表していたのかもしれない。ビアンカに名前をつけてもらうのだがプックルなどの他、ゲレゲレやギコギコなどビアンカのネーミングセンスが光る名前もある。ストーリー重視派はプックル、ネタ重視派はゲレゲレを選ぶ人が多い。この頃は賢さが低く、命令を聞かず、妖精の村でベラも仲間になるがこちらもNPCなため、操作できずイライラすることが多い。

古代の洞窟でパパスが殺され主人公達がゲマ達に連れ去られた後、パパスの居た場所で何かを探す様子はとても切ない。
2006年04月17日(月) 01:44:18 Modified by uha3




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。