すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝

大映 角川

円谷プロ

ピープロ

東映

宣弘社

松竹

日活

新東宝 国際放映


海外作品




【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!





【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!






【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!






【↑トップへ】


フリーエリア

ウリンガ


「ウルトラマンレオ:第29話本編」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)


超能力星人
ウリンガ


【INDEX】

ウリンガデータ
ウリンガプロフィール
ウリンガストーリー
ウリンガウンチク
ウリンガアイテム
ウリンガメモリー

◆【ウリンガデータ】


◇呼称:ウリンガ【ULINGA】
◇登場作品:ウルトラマンレオ(1974) 第29話『運命の再会!ダンとアンヌ』
◇別名:超能力星人、念力怪獣
◇身長:1.3〜60m ◇体重:70kg〜3万9千t
◇出身地:外宇宙
◇他 共演怪獣:なし

◇演:河合徹(人間体:清水啓司)

キングパラダイパラダイ星人←前回・次回→マグマ星人(再登場)ローラン

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウリンガプロフィール】


かつてウルトラ警備隊に所属していた友里アンヌそっくりの女性に育てられている宇宙人。
その女性が言うには捨て子だったとのことで、普段は「ウリー」という名の赤い服を着た少年の姿をしている。
武器は、目から発する念力光線と耳からだす緑色の光線。また、体に生えている棘を投げつけて武器にする。
少年の姿が窮屈だったために、ストレスで自分を制御できずに暴走し始めて巨大化。
ウルトラマンレオに対しても強力な念力で苦しめたが、念力を発する一瞬の隙を突かれ、最後はウルトラマントの力でウリーの姿へ戻った。
その後、アンヌ似の女性と共に別の地へと旅立っていった。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウリンガストーリー】


アンヌそっくりの女性と再開するダン。しかし彼女はアンヌではないと言う。一方でゲンは超能力を使う謎の少年を目撃する。そしてその少年ウリーはアンヌそっくりの女性に育てられているという。ゲンとダンは少年が宇宙人であることを見抜くが、アンヌへの想いを断ち切れず苦悩するダン。やがて巨大化しウリンガとなった少年ウリー。超能力の前に苦戦するウルトラマンレオ。そしてダンはある決意をする...

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウリンガウンチク】



  • 放送当時に『小学一年生』に連載された一峰大二の漫画版『ウルトラマンレオ』では姿は同じだが、キララがこの姿で登場する。

  • 円谷プロ監修の書籍『ウルトラの常識・ウルトラセブン・ウルトラマンゼロ篇』p136ではウルトラマンゼロの幼少期の姿ではないかとする仮説が語られており、ウリンガ=ゼロ説は、書籍『怪獣少年の〈復讐〉 ~70年代怪獣ブームの光と影』において作家・福井晴敏も同様の説を提唱している。


(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウリンガアイテム】


  • ベアモデル オール怪獣コレクション ウリンガ

ガシャ
  • バンダイ HGシリーズ ウルトラマン33 史上最大の侵略編 ウリンガ

ガレージキット
  • NorthStar 特撮ガレージキットシリーズ ウリンガ
  • NorthStar 特撮ガレージキットシリーズ ウルトラマンレオ星人セット(ウリー&コロ星人)
写真
「□□□:△△△△△」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋)

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【ウリンガメモリー】








(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2021年01月21日(木) 19:58:58 Modified by ID:buTxX0u7MQ

添付ファイル一覧(全1件)
d6ed2f9a.JPG (8.32KB)
Uploaded by ID:DltRLHGEdg 2011年07月15日(金) 13:24:59



スマートフォン版で見る